[ Blog in Japanese ] [ Blog in English ]

9999-12-02

What's New

  • 2018 年 11 月 14 〜 16 日に東京ビッグサイトでひらかれた産業交流展において,東京都の中小企業振興公社の「東京ビジネスフロンティア」に Dasyn.com として出展しました
  • 2018 年 8 月 4 〜 5 日に Dasyn (デイシン) として東京ビッグサイトでひらかれた Maker Faire Tokyo に出展しました
  • 2018 年 7 月に中国のシリコンバレーといわれる深圳に行ってきました
  • 2018 年 5 月 12 〜 13 日に Dasyn (デイシン) として東京ビッグサイトでひらかれるデザインフェスタ vol. 47 に出展しました. 今回は不思議なモアレ縞模様のポットやデザイン電球が中心です.
  • 2017 年 11 月 11〜12 日に Dasyn (デイシン) として東京ビッグサイトでひらかれるデザインフェスタ vol. 46 に出展しました.今回はクリスマス・ツリー用のイルミネーションやオーナメントが中心です.
  • 2017 年 10 月 8 日にはアキバのフリマ (秋葉原のフリーマーケット) で 3D 印刷カバーつき電球や透明地球儀などを展示即売しましたが,いまいちでした.
  • 2017 年 7 月 22 〜 23 日には HandMade Japan,8 月 5 〜 6 日には Maker Faire Tokyo (MFT) で Dasyn.com として,「螺旋 3D 印刷」によるきらめく透明波模様シェードつきランプなどを展示しました.MFT のために主要展示品と技術について書いたパンフレットを作成しました. MFT では螺旋 3D 印刷を ABS に適用した通気用スリットつき LED 照明つき地球儀台の実演展示もおこないました.
  • 2017 年 2 月 27 日から 28 日と 3 月 1 日から 2 日まで,渋谷の FabCafe で,螺旋 3D 印刷で iPhone 用透明ランプシェードをつくるワークショップを開催しました.
  • 2016 年 7 月に Dasyn 工房をひらきました. Delta 型 3D プリンタ 2 台で「かる〜い地球儀」などを製作しています.

なお,このページはページの先頭に表示されるように,意図的に投稿日時を 9999-12-02 00:00:00 としてあります.

9999-12-01

このブログ内のあるきかた

PC130513.jpg NHNDoorCloser2.jpg このページの右側にある 「カテゴリー」 のなかから選択するのがおすすめです. 興味のあるカテゴリーをいくつか,ためしてください. 各カテゴリーの先頭には説明やナビゲーション情報をつけてあります. もし全体をみたいときは,「カテゴリー」 の下にある 「アーカイブ」 や,その下にある月ごとのページをクリックしてみてください.

KA-1b.jpg なお,このページはページの先頭に表示されるように,意図的に投稿日時を 9999-12-01 00:00:00 としてあります (実際の投稿日時は 2007-11-04 12:05 です).

おもくなるのをさけるため,個別ページをつくる際にはアーカイブ・ページに写真がはいらないようにしていますが,いくつかの個別ページにある写真をここに引用しておきます.

2019-01-17

生活:食品・料理と嗜好

キリンラガーとまちがえそうな本麒麟

ビール類のなかで本麒麟が一人勝ちだという. そこで,これまで飲んだことがなかった本麒麟を買って飲んでみた. たしかに,これはビールにちかい味だ. これがキリンラガーだといわれたら,信じてしまいそうな味だ.

つづく…

2019-01-12

書評:インタフェース・デザイン・アメニティ, 書評:メディア・アート・イベント・エンターテイメント

デザインとアートを対比しながらアートにかえっていく矛盾 ?! ― 各務 太郎 著,「デザイン思考の先を行くもの」

デザインは「問題解決」でありアートは「自己表現」.180 度ちがうのに日本では混同されているのは問題だというところからはじまっているが,まもなく「極めて個人的な主観や見立てに基づく」革新的なアイデアが必要という話になっていく.あとがきにはマルセル・デュシャンがアートに「個人的な見立て」をもちこんだという話がでてくる.それはつまり,デザイン思考の先をいくものとはアートだということなのではないか? 最近はビジネスにもアートのセンスが必要という話がでているが,それと呼応しているようにみえる.

評価: ★★★☆☆

関連リンク: デザイン思考の先を行くもの

つづく…

2018-12-29

インテリア・家具・機器の博物館, インターフェース・デザイン・アメニティ:コンピュータ・仮想世界 (ヴァーチャルワールド), 情報通信博物館

Amazon と Google の AI スピーカを買ってみた

Amazon も Google も,いまキャンペーン中で,一番やすい AI スピーカを大幅値下げしている. 3000 円くらいだ. なので,それらを買って,ちょっとくらべてみた.

つづく…

情報通信博物館:MacBook

MacBook Air にマグネットつきコネクタをつけた

最近買った MacBook Air は電源コネクタも USB Type C になっていて,おとすとこわれるようになっている. さっそくおとしてコネクタをまげてしまったので,マグネットつきのケーブルに交換した. ケーブルがほそいので充電がおそくなるのではないかとおもうが,やむをえない.

つづく…

2018-12-27

インテリア・家具・機器の博物館:カメラ (写真機,ビデオカメラ)

マニュアルなのに電源をきるたびに設定がもどるカシオのカメラ

マニュアルでの撮影のためにカシオの EX-ZR3100 というカメラをつかってきた. 年末なので都心のイルミネーションをみてきたのだが,そこでこのカメラをつかって不便だと感じたのは,電源をいれなおすたびに白バランスが自動にもどってしまうことだ. 「シャンパンゴールド」のイルミネーションが白くうつってしまっては意味がない. いちいち太陽光のバランスにもどすのはめんどうだ.

つづく…

2018-12-26

情報通信博物館

ガラケーはやはりつかえない !?

個人用と仕事用の携帯電話をわけて,仕事用のはガラケーにしてみたことは「携帯を個人用と仕事用にわけたのはいいが… 日々ハングする iPhone 6S」に書いた. iPhone 6S のハングはその後おこりにくくなったが,ガラケーはますます,つかいにくいという感じになっている.

つづく…

DIY (日曜大工) とものづくり・実験:3 次元印刷 (3D printing)・CAD, メディア・アート・イベント・エンターテイメント, インテリア・家具・機器の博物館:照明器具・ライティング

「点」の LED 照明は写真にとりやすい -- 並木のイルミネーションの場合

LED 照明器具などをつくっているので,その写真をきれいにとりたいといつもおもっているが,それは容易なことではない. ところが,年末年始にあちこちで並木やクリスマス・ツリーなどをかざっている LED, そのほとんどは「点」としての照明なのだが, それを写真にとってみて,写真をとるのは比較的容易だと感じた. それは点である LED の光がうまく「にじむ」ためであるようだ.

つづく…

インテリア・家具・機器の博物館:照明器具・ライティング

都心の LED によるイルミネーションをみてあるいたが…

年末年始には,あちこちで並木やクリスマス・ツリーなどが LED でかざられている. 東京駅周辺と代々木公園周辺で 24 日にそれらをみてきたが,「LED は点」としかかんがえられていないということをあらためて感じた.

つづく…

情報通信博物館:MacBook

Jobs の死後 だんだんこわれていく ?! Macintosh

Steve Jobs が死んだあと,Apple の製品がしだいに輝きをうしなっていくことを感じていたが, 最近買った MacBook Air をつかって,さらにその感をつよくした.

つづく…

2018-12-25

メディア・アート・イベント・エンターテイメント, 未整理

来年の年賀状は猫に追われる猪

年賀状には干支をつかうことが多いが,来年の干支は猪 (亥). 小松美羽展で猫がはいった干支の絵をみてきて,猫に追われる猪というテーマをおもいついた.

つづく…

2018-12-22

DIY (日曜大工) とものづくり・実験:3 次元印刷 (3D printing)・CAD, メディア・アート・イベント・エンターテイメント

3D 印刷アートは版画のようなもの

螺旋 3D 印刷をアピールするにはアーティストになるべき ?!」と書いたが,螺旋 3D 印刷にかぎらず 3D 印刷でアート作品をつくるとき,その性質は版画にちかい.

つづく…

2018-12-19

書評:メディア・アート・イベント・エンターテイメント, メディア・アート・イベント・エンターテイメント

独特の死生観をもちつつ戦略的に世界をめざす若い画家の自伝 ― 小松 美羽 著,「世界のなかで自分の役割を見つけること ― 最高のアートを描くための仕事の流儀」

神獣・狛犬などの絵や大英博物館所蔵となった有田焼の作品でいま世界で注目されつつある 30 代の画家・作家の自伝だ. 私はたまたまみたテレビ番組でひきつけられ,日本橋三越の個展をみて,さらにこの本を読んだ.

こどものころから「普通の女の子」にない感受性をもっていて「見えない世界を描きたい」と画家をめざしていたことがつづられている. 祖父の死,ウサギの死の際に魂がぬけていくのを見たと書き,その色まで書いている. そして,個展でわからなかった「大和力」,「死生観」といったことばが説明されている.

しばしばライブペイントをおこなっていて,白装束を着,祈ってからはじめるが,「実際に自分が人前で見せながら描くとなると,想像以上に興奮した」と書いている. その様子はことばのかわりに絵で神をつたえる巫女だ.

伊勢神宮や出雲大社などだけでなく,世界をまわって仏教,ユダヤ教などにふれた話とともに,ニューヨークのギャラリーで絵をみせてまわって相手にされずにくやしいおもいをした話も書いている. そういう経験から,チームプレーで世界をめざす (そのために自分の美貌も活かす) 戦略まで書かれていて,現代アートの作家が成功するためにはそれが必要なのだろうと感じさせる.

評価: ★★★★★

関連リンク: 世界のなかで自分の役割を見つけること

追記: 本として出版するには編集者の苦労があったのではないかとおもえる. ある程度のまとまりをつける必要があっただろうが,あまりきれいに編集してしまうと「神」がみえなくなるだろう. ほどよい編集でおさめられているようにおもう.

つづく…

2018-12-17

DIY (日曜大工) とものづくり・実験:3 次元印刷 (3D printing)・CAD

螺旋 3D 印刷をアピールするにはアーティストになるべき ?!

螺旋 3D 印刷によるビジネスを成功させるため,昨年はデザイナとのコラボレーションをめざしてきた. それが成功しないので,今年は自分がデザイナになろうとしてきた. しかし,自分がめざすべきなのはデザイナではなくてアーティストなのだとおもうようになった. 「デザイナとアーティストとのちがいは前者が問題解決をするのに対して後者は問題提起をすることだ」というひとがいるが,螺旋 3D 印刷に関してはまだ解決するべき問題が提起されていないのではないかとおもうからだ.

つづく…

2018-12-16

数学・計算・情報学・プログラミング:人工知能・複雑系と人工生命

シンギュラリティはいつおこる (おこった) のか?

AI が人間をこえる「シンギュラリティ」が数 10 年後におこると信じているひとはすくなくないようにおもう. 一方で池上高志はシンギュラリティはもうおこっている,あるいはいまおころうとしているという. そういえるなら,そもそもシンギュラリティはコンピュータが登場したときにおこっていたともいえるだろう. コンピュータが人間よりすぐれたところがなかったなら,そもそもコンピュータをつかう必要はなかったはずだから.

つづく…

2018-12-15

メディア・アート・イベント・エンターテイメント

小松美羽展をみてきた

日本橋三越で 12 月 5 〜 16 日にひらかれている小松美羽 (こまつみわ) 展をみてきた. 大英博物館でも作品が常設展示されるようになったといわれる作家だが,小松を紹介するテレビ番組をすこしみただけで,絵の具をなげつけて描く力強さと「独特の死生観」といわれる表現にひかれて,いそがしいなかでもぜひ見たいとおもい,日本橋までいってきた. 写真ではわからない表現をみることができてよかったが,そのほかにも,おおくの絵にやぶれた対称性があること,猫をふくむ 13 の干支など,興味をひかれることがあった.

つづく…

2018-12-14

DIY (日曜大工) とものづくり・実験:3 次元印刷 (3D printing)・CAD

都の中小企業公社に螺旋 3D 印刷のビジネスの相談に行ったが,話がかみあわなかった

螺旋 3D 印刷によってつくった製品や部品の拡販のため,産業創造展という展示会の都の中小企業振興公社のブースで展示させてもらったことはすでに書いた. それをきっかけとして,きょうは公社を訪問して話をしてきたが,話がかみあわず,サポートはうけられないらしいことがわかった. 展示会の成果はいくつかあったが,短期的な成功は期待せず,これまでどおり徐々に輪をひろげていくのがよさそうだ.

つづく…

2018-12-12

情報通信博物館:iPhone, 情報通信博物館

携帯を個人用と仕事用にわけたのはいいが… 日々ハングする iPhone 6S

これまでソフトバンクで iPhone 6S をつかってきたが,個人用と仕事用をわけたくなり,かつ費用はむしろ,やすくしたいので,Y! mobile を調査していた. もう 1 ヶ月くらいまえだが,たまたま駅での待ち合わせの際にそばにあった Y! mobile の客引きに乗って予約した. 個人用はこれまでどおり iPhone 6S にして (ただし自動的に 16 GB のものから 32 GB のものになった),仕事用にはガラケーにした. ガラケーのほうがやすいが,おもさはあまりかわらず期待はずれだった. iPhone 6S のほうは最近,アプリを起動していないのに毎日のようにハングして,まいった.

つづく…

2018-12-10

DIY (日曜大工) とものづくり・実験:3 次元印刷 (3D printing)・CAD

螺旋 3D 印刷とスライサの花瓶モードとのちがい

別項に書いたように早稲田の上田研で螺旋 3D 印刷について話してきたが,そこで「螺旋 3D 印刷とスライサの花瓶モードとのちがい」について質問された. 想定できる質問だったので,こたえるのにこまることはなかったが,不完全なこたえをしてしまったようにおもう. そのときこたえたのは,花瓶モードでつくれるものは螺旋 3D 印刷でも同様につくれるが,螺旋 3D 印刷では,中空球をつくるというような,花瓶モードではできないことができるということだった. 基本的にはそれでよいが,中空球だけでなくて,表面にこまかいテクスチャや模様がつくれることも主張するべきだったとおもう.

つづく…

DIY (日曜大工) とものづくり・実験:3 次元印刷 (3D printing)・CAD

早稲田の上田研での螺旋 3D 印刷の紹介

大学院在学時におなじ研究室 (和田英一研究室) に所属していた早稲田大学の上田和紀教授からの依頼で,きょう,螺旋 3D 印刷を紹介してきた. 昨年 6 月に情報処理学会誌に論文を書いて以来,学会発表も論文も書いていなかったので,スライドの大半の部分はあらたに書きおこしたものだ. しかし,半月後には「プラスチックス」という雑誌に記事を書くことになっているので,そのストーリーをかんがえるのといっしょにスライドをかんがえた. 例によって 3D プリンタをもちこんでデモもしたが,これはそれほど効果的ではなかったようだ.

つづく…

2018-12-06

メディア・アート・イベント・エンターテイメント

3D 印刷はめだたなかった Siggraph Asia 2018 Tokyo

東京国際フォーラムで今週,Siggraph Asia 2018 がひらかれた. 夏にポスターをひとつ投稿したのだが,気合がはいっていなかったのでおとされてしまった. したがって,今回は見るだけ,それも論文セッションなどはきかずに,"experimener" として 2000 円だけはらって参加した. 場所が東京なので,かんたんに見られるところはみておきたかった. しかし,期待した 3D 印刷関係のポスターや展示はかぎられていて,収穫はすくなかった.

つづく…

2018-12-02

情報通信博物館:MacBook

あたらしい MacBook のつかい勝手

ふるい MacBook Air の SSD があふれていたので買いかえたが,あたらしい MacBook のつかい勝手はかならずしもよいとはいえない. なれないためか,キーやタッチパッドはつかいにくい. ポートは USB C タイプだけになったので,いろいろ買いかえる必要があったが,とくに USB メモリは不便だ. 日本語の変換もまだなれない.

つづく…

2018-11-30

Web とインターネット:プロトコルとネットワーク

工学院大学での Arduino を使用したイーサネット演習

工学院大学で「インターネット論」という講義を担当しているが,そのなかでイーサネットの演習をしている. 昨年まではシミュレータを使用した演習をおこなっていたが,今年はハードウェアをつかうことにした. 機動性をかんがえてイーサネット・スイッチ (右下の写真) に接続するコンピュータとして Arduino Uno 互換のボード (左下の写真) をつかうことにした.

つづく…

2018-11-19

DIY (日曜大工) とものづくり・実験:3 次元印刷 (3D printing)・CAD

Eindhoven の 3D 印刷ハウスのビデオからわかること

コンクリートの 3D 印刷ももはやあたらしいとはいえず,個人の家をつくるのにもつかわれるようになってきている. Ozy.com でビデオをみると,きれいに造形でき,テクスチャもつけられるようになってきている一方で,まだ,ひとがつきっきりでみていなければならないようにみえる. 失敗すると大損害だからだろう.

つづく…

2018-11-17

DIY (日曜大工) とものづくり・実験:3 次元印刷 (3D printing)・CAD

多数の企業人や公社のひとと交流した,東京ビジネスフロンティア

11 月 14〜16 日に東京ビッグサイトでひらかれた産業交流展の「東京ビジネスフロンティア」に出展した. 東京都の中小企業振興公社がえらんだ 20 社 (者) が費用無料・公社の支援のもとで出展したが,Dasyn.com もそのうちのひとつだった. 公社のひとがおおくの企業人をつれてきて,単独できたひともふくめると,名刺を交換したひとだけで 80 人をこえる. あとで交流する約束も 10 件くらいある. おおきな成果をあげたといえるだろう.

つづく…

2018-11-11

情報通信博物館:MacBook

あたらしい MacBook への移行がうまくいかない

これまでつかってきた MacBook は 2 台めだが,SSD が初代は 80 GB,2 代めが 128 GB, 最初の数年はゆとりがあったが,最近はいくらファイルをけしても追いつかない. ついに 256 GB のに買いかえることにした. データを自動的に移行させようとしたが,すでに 2 回,失敗した. 移行の途中でとまってしまうようにみえる. 半日つかえないのはがまんできるが,1 日になるときびしい. 手動でうつしかえる必要があるかもしれない.

つづく…

メディア・アート・イベント・エンターテイメント

見るだけだったデザインフェスタ 49

これまで数年間,春と秋のデザインフェスタに出展しつづけてきた. しかし,この秋はデザインフェスタから 1 週間おかずにひらかれる新価値創造展への出展がきまっていたことと,もうしこみをわすれたこととで,デザインフェスタは見るだけになった. 暗いエリアに出展したいものがあったので残念な気はする. ひととおり見たが,暗いエリアは比較的せまかったものの,さまざまな「ひかりもの」があって充実していたとおもう.

つづく…

2018-11-08

DIY (日曜大工) とものづくり・実験:3 次元印刷 (3D printing)・CAD

東京ビジネスフロンティアのビラもう 1 種類

FaceBook (@DasynCom) にものせましたが,11 月 14〜16 日の東京ビジネスフロンティア (in 産業交流展 @東京ビッグサイト) のために,都の中小企業振興公社がもうひとつ別のデザインのビラをつくってくれましたので,それも紹介しておきます.デザインはこちらのほうがよいようにおもいますが,内容はほぼおなじです.

つづく…

2018-10-29

インテリア・家具・機器の博物館:照明器具・ライティング

照明にすこし工夫をみた国分寺北口駅ビル

2 年すこしまえまではたらいていた国分寺に 2 年ぶりに行く機会があったので,当時は工事中だった北口駅ビルをみてみた. 照明に興味があるので,すこしくふうがある照明器具の店や店舗照明の写真をとった.

つづく…

dasyn_small100-06

螺旋 3D 印刷技術を使用してつくったこのような作品を デイシン Yahoo! Japan ショップで売っています.

カテゴリー

最近コメントがついた項目

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type