[ Blog in Japanese ] [ Blog in English ] [ Edit this site ]

9999-12-02

What's New

  • 2017 年 11 月 11〜12 日に Dasyn (デイシン) として東京ビッグサイトでひらかれるデザインフェスタ vol. 46 に出展しました.今回はクリスマス・ツリー用のイルミネーションやオーナメントが中心です.
  • 2017 年 10 月 8 日にはアキバのフリマ (秋葉原のフリーマーケット) で 3D 印刷カバーつき電球や透明地球儀などを展示即売しましたが,いまいちでした.
  • 2017 年 7 月 22 〜 23 日には HandMade Japan,8 月 5 〜 6 日には Maker Faire Tokyo (MFT) で Dasyn.com として,「螺旋 3D 印刷」によるきらめく透明波模様シェードつきランプなどを展示しました.MFT のために主要展示品と技術について書いたパンフレットを作成しました. MFT では螺旋 3D 印刷を ABS に適用した通気用スリットつき LED 照明つき地球儀台の実演展示もおこないました.
  • 2017 年 2 月 27 日から 28 日と 3 月 1 日から 2 日まで,渋谷の FabCafe で,螺旋 3D 印刷で iPhone 用透明ランプシェードをつくるワークショップを開催しました.
  • 2016 年 7 月に Dasyn 工房をひらきました. Delta 型 3D プリンタ 2 台で「かる〜い地球儀」などを製作しています.

なお,このページはページの先頭に表示されるように,意図的に投稿日時を 9999-12-02 00:00:00 としてあります.

9999-12-01

このブログ内のあるきかた

PC130513.jpg NHNDoorCloser2.jpg このページの右側にある 「カテゴリー」 のなかから選択するのがおすすめです. 興味のあるカテゴリーをいくつか,ためしてください. 各カテゴリーの先頭には説明やナビゲーション情報をつけてあります. もし全体をみたいときは,「カテゴリー」 の下にある 「アーカイブ」 や,その下にある月ごとのページをクリックしてみてください.

KA-1b.jpg なお,このページはページの先頭に表示されるように,意図的に投稿日時を 9999-12-01 00:00:00 としてあります (実際の投稿日時は 2007-11-04 12:05 です).

おもくなるのをさけるため,個別ページをつくる際にはアーカイブ・ページに写真がはいらないようにしていますが,いくつかの個別ページにある写真をここに引用しておきます.

2017-11-14

DIY (日曜大工) とものづくり・実験:3 次元印刷 (3D printing)・CAD

デザインフェスタ 46 で 3D 印刷品をつけたクリスマス・ツリーを展示

11 月 11 〜 12 日に東京ビッグサイトでひらかれたデザイン・フェスタ vol. 46 に出展した. その焦点はクリスマス.まだクリスマスまでには日があるのだが…

そのクリスマス・ツリーには多色 LED を 3 個ずつ 3D 印刷シェードにいれたイルミネーションと,3D 印刷のオーナメントをつけた. 3D 印刷カバーつきの LED 電球や,「かる〜い地球儀」や,USB スタンド兼ペンダントもあわせて展示した. これらのシェードやオーナメントは,螺旋 3D 印刷法によって,透明なプラスティック (PLA) をつかって印刷したものだ. 表面にはさまざまな波模様や水玉模様がついている. オーナメントの印刷のデモもおこなった.

初日は多色イルミネーションがいくつも売れたが,オーナメントはほとんど売れなかった. 2 日めは逆にイルミネーションがまったく売れなかった. オーナメントもあまり売れていなかったので 7 個 980 円にして売ったら,ようやくだいぶ売れた. 昨年にくらべると,うりあげはだいぶ,へった. その理由としては昨年よりクリスマスがとおいこともあるが,暗いエリアがなくなって,あかるいところでやらざるをえなかったこともあるようにおもう. イルミネーションのあかりは,明るいエリアではすこしよわい.

DF46Dasyn.jpg DF46tree.jpg

Orna04YB01.jpg Orna04RT06.jpg

2017-10-27

メディア・アート・イベント・エンターテイメント

いまいちだった横浜トリエンナーレ

6 年前まではつづけてみていた横浜トリエンナーレだが,3 年前にはいそがしくて行くのを断念した. 今年も,しばらくわすれていて,もうすこしで行かないままになるところだったが,新聞広告をきっかけに行ってきた. いままでインスタレーション中心の印象があったが,今回は絵画それも伝統につながったものが中心であり,すこしものたりない感じがした.

つづく…

政治・法律・憲法

あげたり,おろしたり.マスコミに劇場に仕立てられた希望の党

突然わきおこった衆議院解散,そして希望の党の結党と小池東京都知事の代表就任,立憲民主党の結党,そして選挙と,めまぐるしい政局だった. 希望の党は注目と期待をあつめ,小池代表の「排除」発言で期待がしぼんだというが,冷静にかんがえればもともとそんなにおおきな勢力にはなりえなかったし,そこからそんなにおおきく減ったわけでもないとおもう. マスコミが劇場に仕立てていただけなのだとおもえる.

つづく…

2017-10-23

政治・法律・憲法

自民党と立憲民主党に 1 票ずついれた総選挙

安倍首相が国会冒頭解散してはじまった 2017 年 10 月の総選挙で,私は小選挙区で自民党候補に,そして比例代表としては立憲民主党にいれた. 矛盾しているようでもあるが,政治のダイナミズムをひきだすための選択だとかんがえている.

つづく…

2017-10-21

生活:介護

週 5 日,母を小規模多機能型介護のデイサービスにおくりだしていること

2 か月ほどまえ,母を介護老人保健施設 (老健) から自宅にもどして,週 5 日,小規模多機能型とよばれる介護サービスをうけるようにした. 最低限の自費でかなりのサービスをうけることができ,たすかっている.

つづく…

生活:介護

白内障手術と青色光の刺激

いま要介護 4 の母は,数年前には自分で病院に行って手続きし,白内障の手術をうけた. にごった水晶体を除去して,かわりにガラスのレンズをいれた. 水晶体はとしをとると,ひかり,とくに青いひかりはとおしにくくなるのだとおもうが,ガラスは青いひかりもよくとおす. だから,夜よくねむるためには手術をしていないひとより青いひかりに気をつけなければならないのではないかと,おもっている.

つづく…

生活:介護

自宅介護中の母の尿量測定

自宅で要介護 4 の母を介護している. 体力はだいぶ回復したので,つぎは介護度がさがるとおもうが,排尿・排便はおもうようにできない. 夜中には 6 回分 (900 ml) の尿を吸収するというパッドをあてていたが,そこから尿があふれてしまったので,対策をかんがえるため,尿量をはかってみることにした.

つづく…

生活:介護, 生活:住宅・設備

高齢の母のための手すりを自分でつけた

90 歳をこえた母は数年前に入院したあとで要介護に認定された. 当時はまだ自立してあるくことができたが,ころぶこともあり,家のあちこちに手すりをつけた. その工事に介護保険をつかうこともできたが,介護保険をつかいすぎないために自分で材料を買ってとりつけた.

つづく…

生活:介護

母親の介護 -- これまで

昨年,母がかなり深刻な認知症であることがわかり,どうやって介護するか,真剣にかんがえなければならなくなった. このブログにはこれまで書いてこなかったが,ここに,これまでのことを中心にまとめる.

つづく…

2017-10-09

DIY (日曜大工) とものづくり・実験:3 次元印刷 (3D printing)・CAD

アキバのフリマは不毛だった

10 月からはじまった「アキバのフリマ」にさっそく出店してみた. たまたまネットでみかけて,最初の日 (10 月 1 日) に見にいった結果,ためしてみる価値はあるとおもった. そういうわけで,10 月 8 日に出店してみたが,まったく売れないし,あまり興味をひいていなかった.

つづく…

2017-10-07

DIY (日曜大工) とものづくり・実験:3 次元印刷 (3D printing)・CAD

螺旋 3D 印刷のデザイン・コストではデザイナをささえられない ?!

螺旋 3D 印刷は低コストであることが重要な特徴だ. 3D 印刷は大量生産むきの技術ではないから,低コストであることをいかすにはデザイン・コストもさげなければならず,デザインだけで生活するデザイナをささえるのは困難だとおもえる.

つづく…

DIY (日曜大工) とものづくり・実験:3 次元印刷 (3D printing)・CAD

螺旋 3D 印刷と generative design,デザイナ,そして自己デザイン

螺旋 3D 印刷作品をつくり,世にだすために,デザイナのちからを借りる必要があるとかんがえてきた. これまでの試行はうまくいかなかったので,最近,あらたな方針をたてた. しかし,あらたなデザイナをさがすまえに,デザイナにどう螺旋 3D 印刷とかかわってもらったらよいかをかんがえてみることにした. その結論はつぎのとおりだ. 螺旋 3D 印刷は少量生産にむいた技術であり,同時に generative design とつよくむすびつけられているから,それらをうまくむすびつけてデザインしてもらう必要がある. それは現在のプロダクト・デザイナの仕事とはかなりちがうものにならざるをえないので,まずは私自身がデザイナになって実践してみる必要があるようにおもう.

つづく…

2017-09-24

DIY (日曜大工) とものづくり・実験:3 次元印刷 (3D printing)・CAD

デザイナとのコラボレーションのための新方針

今年 (2017 年) 1 月以来デザイナとのコラボレーションをめざしてきたが,2 回の失敗を経て,そのためにあたらしい方針をたてた. 以前,螺旋 3D 印刷はデザイナとのあたらしいかたちのコラボレーションを可能にするとかんがえて,「「螺旋走査線 3D 印刷技術」をつかった照明器具デザイナーとのコラボレーションの可能性」について書いた. しかし,コラボレーションのかたちを制約すると,コラボレーションを成立させることがむずかしくなる. 理想は理想として,とりあえず成功させるためにはもっと条件をゆるめる必要があると感じるようになったので,つぎのような新方針をたてた.

つづく…

DIY (日曜大工) とものづくり・実験:3 次元印刷 (3D printing)・CAD, 仕事と起業

デザイナとのコラボレーションのむずかしさ

今年 (2017 年) 1 月以来,東京都のデザイナ・データベースをたよりに選択したデザイナ 2 社 (2 者) とのコラボレーションをめざしてきた. しかし,これまでのところ,成功していない. デザイナの検索・マッチングも容易でないし,私としてはデザイナにあわせやすいように自由度をもたせているつもりでも,選択したデザイナとなかなかうまくいかない. また,仕切りなおす必要が生じてしまった.

つづく…

2017-08-20

Web とインターネット:プロトコルとネットワーク, 書評:数学・計算・情報学・プログラミング, 数学・計算・情報学・プログラミング

ネットワークやコンピュータのさまざまな話題が凝縮された本 ― 梅津 信幸 著,「あなたはネットワークを理解していますか?」

コンピュータやネットワークに関する歴史やさまざまな話題 (たとえばエントロピー,グラフ理論,ニューラルネット,…) がぎっしりつめこまれた本だ.さらっとした語り口なのでそれが負担になることはないだろうし基礎的な内容だが,そのすべてをあらかじめ理解しているひともすくないだろう.消化不良になるのではないかと心配だが,知的な刺激にみちた本だ.

評価: ★★★★★

関連リンク: あなたはネットワークを理解していますか?

つづく…

2017-08-06

DIY (日曜大工) とものづくり・実験:3 次元印刷 (3D printing)・CAD, インテリア・家具・機器の博物館:照明器具・ライティング

ミニハンズオンが成功した Maker Faiere Tokyo 2017

東京ビッグサイトで 8 月 5 〜 6 日にひらかれた Maker Faire Tokyo (MFT) に Dasyn.com として出展した. 「3 種類の波をのせた光り輝く 3D 印刷」というタイトルなので,3D 印刷した PLA のカバーの表面に 3 種類の波で模様をつけた電球を中心にした展示だったが,地球儀台のための ABS の 3D 印刷や Arduino 用のセンサと USB 電源アダプタをつかった足元灯なども展示した. 最近は「ユーザとのコラボレーション」を実現させたいとかんがえているので,「自分で電球をデザインしませんか?」というミニハンズオン (ミニワークショップ) を看板にかかげたが,これもおもったよりうまくいった.

つづく…

2017-08-04

DIY (日曜大工) とものづくり・実験:修理・修繕, 生活

エンジンがかかったまま閉じてしまった自家用車とのたたかい

車庫にいれたくるまのエンジンをかけたまま周囲の状況を確認しようとして,いったんくるまからでた. そのとき,ドアがしまってしまった. JAF をよぶという方法もあったが,解決の糸口はあったので,30 分くらいあれこれやって, ようやくあけることができた.

つづく…

2017-08-01

DIY (日曜大工) とものづくり・実験:3 次元印刷 (3D printing)・CAD, インテリア・家具・機器の博物館:照明器具・ライティング

螺旋 3D 印刷による照明器具を世にだすための 3 つの方法

螺旋 3D 印刷による照明器具を世にだすのに,3 種類の方法があるとかんがえている. これまで,第 1 に螺旋 3D 印刷でデザイナとのコラボレーションをもとめて試行するとともに,第 2 によりひろい (ユーザとの) コラボレーションも試行してきた. そのことは「螺旋走査線 3D 印刷と照明器具に関するコラボレーションのかたち」に書いた. その一方で,第 3 に私自身がツールやプログラムをつかってデザインした器具をネットショップや展示会などで販売してきた. いずれもまだあまりうまくいっているとはいえないが,これら 3 種類のやりかたを洗練して,うまくやれる方法をみつけていきたい.

つづく…

カテゴリー

最近コメントがついた項目

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type