[ トップページ ]
未整理

e-tax による税理士なしの相続税の納税

半年ほどまえに母がなくなって,土地 (借地権) や多少の金融資産を相続した. 土地があったので相続税を申告する必要があり,莫大な金額になるのをさけるには小規模宅地等の特例の適用をうける必要があった. その結果,納税額は数 10 万円程度とかんがえられたので,数 10 万円かけて税理士に依頼するのはばかばかしいとかんがえて,自分で e-tax をつかって納税した. それから 1 ヶ月以上経過したが,税務署からはなにも連絡がない.

税金を計算したり申告したりするまえに,まず相続するものがなにかを把握する必要があった. 株やファンドをもっていることは知っていたが,かんがえていたより多くの預貯金があることがわかった. 母は認知症をわずらっていたので,不用意に資産に手をつけるのは危険だとかんがえていた. そのため,これまでほとんどそれに手をつけず,金額も把握していなかった. 認知症でなければ生前にもうすこし母のために預貯金をつかうこともできたとおもうのだが,だいたいの金額すらも把握していなかった. そういうわけで,まずどこの銀行や証券会社に資産があるかをしらべあげ,それらの会社に連絡をとって必要な証明書類をあつめていった. 母がのこした雑多な書類を処分しながらそれらの書類をととのえるまでには 3 ヶ月以上を要した. それらの書類はあつめるたびにスキャナにかけて PDF 化していった.

かんがえていたより多くの金融資産があったが,それだけで控除額をこえることはなく,それを超える相続額になったのは土地の借地権があったからだ. 私もふくむ家族がその土地に住んできた. 私は母の唯一の相続人であるため,控除額は 3600 万円だ. 唯一の相続人であることを証明するためには母がうまれて以来の戸籍をあつめる必要があるが,それにも相当な手間と時間が必要だったし,それによっていままで知らなかった事実をいろいろ知ることにもなったが,それはここでの話題とは関係ない. 東京の土地に借地権をもっていたので,その相続額をいれると 3600 万円をはるかにこえる. まともにはらうと相続税は莫大な金額になり,土地を売らないと納税できないのではないかとかんがえていた. さいわい,小規模宅地等の特例というのがあって,それを適用すれば土地評価額を 2 割に減少させることができる. それを適用することによって,ぎりぎり 3600 万円をこえる程度の金額におさまった.

相続税納税の方法としては,税理士をつかわずに自分で e-tax で納税することにした. 相続税の計算・書類を税理士に依頼すると税理士にはらう金額は数 10 万円かかるとかんがえられるから,納税額が数 10 万円程度だと税理士をつかうのはばかばかしい. 自分で計算して納税することにしたのは,そのためだ. また,所得税の納税は電子申告してきた,つまり e-tax をつかってきたので,相続税も e-tax をつかってみようとかんがえた. しかし,税理士をつかわずに書類をととのえるには相当な手間が必要だった. 税理士に数 10 万円はらうかわりに,自分で数 10 万円ぶんの仕事をしたのだとおもう. つまりは,税理士をつかってもひきあったのではないかと,いまはおもう.

e-tax による納税にはとまどう部分もあったが,比較的かんたんにすんだようにおもう. これまで e-tax にはふだんはほとんどつかっていないデスクトップ PC をつかってきた. しかし,いつもおなじ PC をつかっても,更新のために毎回,再インストールが必要だった. それならこの際,ふだんつかっているノート PC でやってみようとかんがえた. ふだんつかっているといっても,たいがいのことは MacBook でやるが,Windows でなければできないことだけ,15000 円くらいで中古で買った Windows 11 の PC をつかっている. 最初は Web ブラウザでやろうとしたが,「e-tax ソフト」をインストールする必要があった. マイナンバーカードを読むには PC にカードリーダをつなぐ必要があるが,そのドライバ・ソフトのインストールも比較的かんたんにすんだ. e-tax による書類の作成はまごつく部分もあり,一度は電話でといあわせる必要があったが,それも比較的短時間ですんだ. e-tax の相続税書式の一部は総和の計算などを自動でやってくれるが,書式の自由度がたかいため,手動で計算しなければならない部分も多い. 何度も金額を訂正して,そのたびに大半の書類をかきかえる必要があった. e-tax のウィンドウはせまくて書類の内容を確認するのに適さないから,かきかえるたびに印刷した. 数日かけてようやく完成し,送信した. さまざまな証明書類はすでに PDF 化していたが,それをまとめて e-tax でおくった.

つぎの画面は e-tax でつくった 3 つの書類 (そのうちひとつはまちがってつくったもので,つかっていない) のリストだ. 申告書じたいと添付書類を作成している.

e-tax-list1.jpg

申告書はつぎの 8 つの書類で構成されている. どのような表をつくるべきかは,申告の内容によってちがっている. 相続したのが金融資産と住んでいる土地・建物である場合はこのようなリストになる.

e-tax-list2.jpg

e-tax でおくるとすぐに電子的に受け取りがとどく. つぎの画面をみると,申告し,添付書類をイメージ (PDF) として送信し,クレジットカードで支払ったことがわかる. それから 1 ヶ月以上たった今も,それ以外の通知はなにもとどかない.

e-tax-message-box.jpg

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/7717

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by Movable Type