[ トップページ ]

メイン

若年者問題・ワーキングプア・プレカリアートアーカイブ

0001-01-01

KobayashiTakijiAll.jpg 200px-Karl_Marx.jpg このカテゴリーには若年者問題,ワーキングプアあるいはプレカリアートに関する話題などをあつめています. 上位のカテゴリーは社会・経済です.

なお,このページは 若年者問題,ワーキングプアとプレカリアート アーカイブのページの先頭に表示されるように,意図的に投稿日時を 0001-01-01 00:00:00 としてあります (実際の投稿日時は 2008-09-06 15:26:36 です).

おもくなるのをさけるためにアーカイブのページには写真がはいらないようにしていますが,個別ページにある写真をここに引用しておきます.

2008-05-14

シリコンバレーに滞在する著者は,わかい日本人が海外旅行や海外での仕事などに関して消極的になったことを 「パラダイス鎖国」 と呼んでいる. 「鎖国」 はわかるが,非正規雇用問題,セーフティ・ネットの危機など,さまざまな問題をかかえている日本が 「パラダイス」 だとはとてもおもえない. しかし,著者はいろいろな数字をあげて,日本がさまざまな問題をかかえながらも,まだ大国であり,アメリカよりくらしやすいと書いている.

この本は 「鎖国」 に悲観しているわけではなく,そこからぬけだす道をしめしている. すなわち,シリコンバレーにいるような 「霧の中で見えないものに向かって敢然と進むこと,あるいは,ほかの人には見えないけれど自分だけに見えるものを探すこと」 を積極的にするひとをそだてる必要があるという. しかし,シリコンバレーにはそういうひとたちをつなぐしかけがあることが重要だろう. そこまでふみこまなければ,そういうひとたちがうまれても,すぐにきえてしまうだけではないだろうか.

評価: ★★★★☆

関連リンク: パラダイス鎖国@ [bk1]パラダイス鎖国@Amazon.co.jp

つづく…

2008-05-17

第 1 次産業革命によってスキルを必要としなくなった資本主義社会は低賃金と長時間労働をうみだしました. こうした状況をマルクスは 「窮乏化」 ということばで表現しました. 原因はちがいますが現代の労働市場においても非正規雇用による低賃金と,正規・非正規をとわず長時間労働がひろがっています. にもかかわらず,「窮乏化」 をはじめとして,こういう現在の状況を社会主義の理論にあてはめる,あるいはアナロジーをこころみる議論は,あまりみあたりません. 過去の議論が現在の状況にそのままあてはまるわけではありませんが,もういちど,社会主義,マルクスなどをおもいだしてみてもよいのではないでしょうか?

つづく…

2008-05-18

著者は 2005 年に 「しのびよるネオ階級社会」 という本を書いて,おおきな反響をえた. そのなかには批判もおおかった. 本書はその最初から名指しでそういう批判に反論している. 5 章までは比較的ていねいに反論をこころみていて,議論がかたよっていることが気にはなるものの,いろいろ示唆をあたえている. しかし,本書のタイトルとおなじタイトルをもつ 6 章になると,おおくのひとの名前をつぎつぎにあげて,揚げ足取りな議論をはじめる. これ以降の章はもはや読む価値がない. 後半の章が前半をだいなしにしていて,興ざめである.

評価: ★★☆☆☆

関連リンク: ネオ階級社会を待望する人々@ [bk1]ネオ階級社会を待望する人々@Amazon.co.jp

つづく…

2008-07-20

おなじ編著者による 「ファスト風土化する日本」,「脱ファスト風土化宣言」 などの続編とみなせる本である. 「ファスト風土化」 とは日本中が画一化された 「郊外」 になることを意味しているが,アメリカでもこうした現象がおこり,その元凶がウォルマートだとされている. 日本ではそれにちかいのがイオンである.

本書ではアメリカでも日本でも 「ファスト風土化」 と格差社会とが関係していることが指摘されている. また,ヨーロッパにおける 「ファスト風土化」 に対する規制について記述されている. もっとこまかいが注意をひく点として,これまでの日本が生産者中心だったのが消費者中心にするべきだといわれてきたのに対して,三浦は疑問を呈している (p. 16) こと,「ファスト風土化」 を 「再魔術化」 という概念とむすびつけていることなどがある.

評価: ★★★☆☆

関連リンク: 下流同盟@ [bk1]下流同盟@Amazon.co.jp

つづく…

2008-07-23

著者が設立したカルチャースタディーズ研究所が企画した 3 つの統計調査の結果を再利用して 「階層格差」 を追究している. 団塊ジュニアが 「下流化」 しているとし,所得がひくいだけでなく意欲や能力がひくいのが 「下流」 だとしている. サンプル数がすくないことを著者も気にしているが,この結果がみちびかれたのはそのためではなくて,著者が統計数値に大胆な解釈をくわえているからだろう. 話としてはおもしろいし,あたっているところもあるだろうが,ダマされないようにする必要もあるだろう.

本書には統計数値の表やグラフが多数のせられているが,そのためによみにくくなっているのは否定できない. どうせ大胆な解釈をくわえるのであれば,表やグラフを多数のせて客観的なフリをする必要もなかったのではないだろうか. 写真についてもそれとキャプションがあっているかどうかは疑問である.

評価: ★★★☆☆

関連リンク: 下流社会@ [bk1]下流社会@Amazon.co.jp

つづく…

2008-08-09

小林 多喜二 の 「蟹工船」 を 「愛蔵版 ザ・多喜二」 で読んだ. この小説の存在は中学生ころから知っていたが,読んだことはなかった. 最近この小説が非正規雇用者を中心としてよく読まれていて,非正規雇用問題と関連づけてさんざん議論されているが,論じられていない点も多々あるようにおもえる.

つづく…

2008-08-22

著者はプレカリアートあるいはワーキングプアがうみだされる背景を分析し,プレカリアートを搾取する日雇い派遣などのビジネスを糾弾している. そして,立ち上がるプレカリアート (とともにたたかう著者) がいる一方で,そういう行動に批判的なプレカリアートがいることも具体的な取材にもとづいて書いている. 座談会を企画しているが,そのなかに努力しない若者をなげく 61 歳の女性もまじえているのがよい. また,石原都知事と著者との対談ものせているが,火花をちらしそうな雰囲気もあるなかで,都知事からある程度有意義な発言をみいだしているようだ.

冒頭にプレカリアートということばがイタリアでつくられたことが紹介されているが,そういう世界規模の問題であるだけに容易に解決できるものではない. しかし,解決をめざしていろいろくふうしている著者を応援したい.

評価: ★★★★☆

関連リンク: プレカリアート@ [bk1]プレカリアート@Amazon.co.jp

つづく…

2008-09-03

おおくのインタビューと豊富な統計によって,ミクロとマクロの両面からワーキングプアのすがたをとらえようとしている. 従来からよくある統計だけでなく,欠員率と完全失業率の統計から独自のグラフを書いて若年層ほど雇用のミスマッチつまり欠員はあるのに失業もおおいことをあきらかにしている. つまり,ワーキングプアの問題が 「失われた 10 年」 だけでない進行中の深刻な問題だということである.

評価: ★★★★☆

関連リンク: ワーキングプア@ [bk1]ワーキングプア@Amazon.co.jp

つづく…

2008-09-25

きょうの NHK の番組,視点・論点 「酔眼ながめて格差知る」 では,武蔵大学の 橋本 健二 が飲酒の格差問題について論じていた. すなわち,20 年前には飲酒の習慣が収入にあまり依存していなかったのが,現在では高収入のひとがさまざまな種類の酒をのむのに対して,低収入のひとは酒をたのしむことができなくなったということである. 格差のために酒をのみにいったり買ったりする余裕がなくなったという指摘なのだが,それはほんとうだろうか? 統計をもとにしてみちびかれた結論だが,統計のよみかたがまちがっているのではないかとおもう.

つづく…

2008-12-01

日本の政策は高齢者や団塊世代に有利であり高齢者対策は手厚かったが,若者対策は貧弱だった. この本はこうした世代間の配分の不公平をするどく指摘している. 「世代間戦争」 がはじまっていると著者はいう. 若者批判の本がおおいなかで,こういう視点から書かれた本は貴重だといえるだろう.

しかし,こういう現実を打破するためのさまざまな政策のアイデアがしめされているが,その実現性や効果は疑問である. また,若者問題以外の問題はとるにたらないという書きぶりだ (「平和か戦争か,右か左か,靖国参拝か謝罪かといった問題は,合理的に検討を加えれば容易に方向が定まる問題なのだ」 と書いている). このように視野狭窄していては,若者問題の解決の方向もみいだせないだろう.

評価: ★★★☆☆

関連リンク: 若者を喰い物にし続ける社会@ [bk1]若者を喰い物にし続ける社会@Amazon.co.jp

つづく…

2008-12-10

大分キヤノンではたらいてきた非正規労働者が解雇を通告された問題で,キヤノンの会長であり経団連会長でもある御手洗氏がコメントをださざるをえなくなっている. 解雇予定の労働者は組合をつくってキヤノンへのもうしいれなどの活動をおこなっている. いまのところは非常におとなしい活動であり,マスコミのとりあげかたも限定的だが,デモなど,もっと派手な活動によって世論がうごかされれば,キヤノンがなんらかの措置をとらざるをえなくなる事態もおこりうるとかんがえられる.

つづく…

2008-12-18

小泉首相の時代には非正規労働者を増加させるような政策がとられた. それは,グローバリゼーションのなかで日本企業が活路をみいだせるようにし,日本経済を復活させるために必要だったといえるだろう. しかし,そのとき,非正規労働者に対応できないセーフティネットはそのまま放置されていた. その結果,いま,急速な景気悪化とともに,非正規労働者にとってあまりに過酷な状態が発生している. 非正規雇用の増大とあわせて,セーテフィネットが非正規労働者にあわせて改革されていれば,これほどひどいことにはならなかっただろう.

つづく…

酒鬼薔薇聖斗事件以降,若者バッシングがさかんになったという. この本は若者バッシングの 「エセ科学」 性をあばき,徹底的に反論している. しかし,ここで批判されている本のおおくは,そもそも 「科学」 ではない. それを 「エセ科学」 といって批判するのは,いささか奇異な感じがする.

とはいえ,「教育再生会議」 などにおいて根拠のない議論にもとづいて政策の方向がきめられていくのは問題である. また,根拠も明確でないまま本を書き散らす日本の論壇は批判されてしかるべきだろう.

評価: ★★★☆☆

関連リンク: 「若者論」を疑え!@ [bk1]「若者論」を疑え!@Amazon.co.jp

つづく…

2009-01-20

著者は産業医として若者の声をすなおにきくうちに,彼らをつかう側つまり会社側も彼らを理解せず,あつかいをあやまっていることを指摘している. これまでのやりかたをおしつけるのでなく,彼らにあわせたやりかたが必要だということを示唆している. しかし,具体的なやりかたをかんがえるべきなのは産業医ではなくて職場の上司たちである.

著者は 「したいこと」 にこだわる若者がおおいというが,彼らに対してはその姿勢を一端捨てよといっている. そうすることで将来はのぞみがかなう可能性もあるということだが,やはり元気がでない話ではある.

評価: ★★★☆☆

関連リンク: 勝手に絶望する若者たち@ [bk1]勝手に絶望する若者たち@Amazon.co.jp

つづく…

2009-01-22

「構造改革」 について論じるとき,戦後日本の経済成長とその鈍化や現在の人口減少などの社会変化について考察することは必須だろう. ところが,この本では小泉改革やその反転に関する政府機関のうごきなど,表層的なところしかみていない. 非正規雇用者や貧困の問題がいくら深刻だからといって,表面にあらわれたことだけをみて政策をみれば,判断をあやまるだろう.

評価: ★☆☆☆☆

関連リンク: 労働再規制@ [bk1]労働再規制@Amazon.co.jp

つづく…

2009-09-13

郵政民営化がはじまってまもない頃に書かれた本である.そのため,2/3 くらいは郵政公社と民営化による労働問題の告発などにあてられているが,大半は民営化以前の話題だ.その意味ではタイトルからはずれている.のこりの 1/3 は宅配便や公的機関による派遣業者への委託がひきおこしている労働問題などをあつかっている.つまりこの本は民営化をあつかっているのではなくてワーキングプア問題をあつかっていることになる.深刻な問題であることはまちがいないが,焦点がぼけてしまっているのが惜しい.

評価: ★★★☆☆

関連リンク: 民営化という名の労働破壊@ [bk1]民営化という名の労働破壊@Amazon.co.jp

つづく…

2009-11-10

著者は日本人は悲観的になりすぎている,ほんとうはそれほど悲観するべき状況ではないということを主張している. そして,日本ではエリートより大衆が未来をひらこうとしているという,常識と 「真っ向から対立する」 議論を展開している.

オリジナルなかんがえを主張するのはよいことだ. しかし,さまざまな論点をもちだし,このかんがえをうらづけるためにいろいろな統計をもちだしてはいるものの,論理は薄弱だ. きちんと論理が展開できないのは,やはり仮説に問題があるからだろう.

評価: ★★★☆☆

関連リンク: 格差社会論はウソである@ [bk1]格差社会論はウソである@Amazon.co.jp

つづく…

2009-12-05

ハーバードの教授である著者が日本の高校などで丹念にききとり調査をおこなってまとめた日本人へのメッセージである. かつて日本の若者は 「場」 のなかで就職し昇進してきた. つまり,高校を卒業すると就職先が斡旋され,就職先でも年功序列にしたがっていればよかった. しかし,いまやそういう 「場」 は崩壊してしまった.

変化してしまった日本社会のなかで若者とその周囲のひとたちはどうすればよいのか? 著者は 4 つの提案をしている. そのなかには,周囲のひとがもはや 「場」 が存在したときの生き方ができないことを悟るべきだということもあり,アメリカ社会におけるようなウィークタイズを強化するべきだということもある. 4 つともアメリカ社会が解決のヒントになっているようだ.

アメリカなどからまなべばそれで問題が解決するのかどうかは疑問だ. しかし,すくなくとも日本人にはみえにくい部分もふくめて,するどい分析をしているところにこの本の価値がある.

評価: ★★★★★

関連リンク: 失われた場を探して@ [bk1]失われた場を探して@Amazon.co.jp

つづく…

2010-02-02

5 章で構成されるこの本の 4 章までを暗澹たるおもいで読んだ. 大学教員になって食っていけるようになるためには,師事するに値する教授にとりいってイエスマンになり,チャンスをつかむことが必要だ. 大学ならどの世界でもそうというわけではないが,そういう 「白い巨塔」 のような世界はいまもあるのだろう. そういうものにすがらなければ食えない時代になったということだろう. しかし,5 章にはどんでん返しが待っている. 4 章までに書かれた現時点での解にとってかわれる解にはなっていないが,もっと本質的な解にせまろうとしている. もしもこの章をよまずにこの本をほうりだしてしまうとしたら,著者のかんがえの半分以下しか見ずにおわることになるだろう.

評価: ★★★★★

関連リンク: アカデミア・サバイバル@ [bk1]アカデミア・サバイバル@Amazon.co.jp

つづく…

2010-02-03

博士号をとったものの就職できず,無給にちかいのに大学で必死に働き,論文を書くフリーターをえがいている. おなじ著者の 「アカデミア・サバイバル ― 「高学歴ワーキングプア」 から抜け出す」 をさきに読んだ. それとくらべるとこの本はまだ救いがあるが,それはこの本以降にさらにきびしい状況になっているということだろうか.

評価: ★★★☆☆

関連リンク: 高学歴ワーキングプア@ [bk1]高学歴ワーキングプア@Amazon.co.jp

つづく…

2010-06-09

この本が分析対象としている 「若者」 の代表 2 人をふくむ 4 人の対談を本にしている. 若者たちが,空気を読んで自分のかんがえをおもてにはださない,非常に同調性がたかいことに著者もおどろいている.

オジサンのしらない若者のすがたをえがきだしていて興味ぶかいが,対談をそのまま本にしているので,いささかまとまりを欠いている.

評価: ★★★☆☆

関連リンク: 情報病@ [bk1] 情報病@Amazon.co.jp

つづく…

2010-07-03

著者は,若者の雇用に関して,まちがった議論が横行しているという. この本はそういう本に反論し,あやしいデータを検証している. その目的は若者をたすける必要がないと主張することではなくて,現状をより正確に理解することで,ただしい対策がうてるとかんがえているからだろう. しかし,第 4 章では問題の本質をとらえようとしているのに,ここにきて急に議論がよわよわしくなってしまう. 根拠となるデータをあげようとはしているが,断片的だ. 他人のウソを突くのは比較的やさしいが,それにかわる論をたてるのはむずかしいということだろう.

評価: ★★★☆☆

関連リンク: 「若者はかわいそう」論のウソ@ [bk1] 「若者はかわいそう」論のウソ@Amazon.co.jp

つづく…

2011-10-01

「自分探し」 にあまり関係がない自分にとっては,この本を読んでもよくわからない. この本のなかで一番 「わかる」 話は 土井 隆義 の本からの引用で 「自分が輝いていると感じられないのは,秘められた 「本当の自分」 をまだ発見していないからにすぎないのです. だから重要なことは,なんとかそれを見いだして,うまく開花させてやることだと思っているのです.」 という記述だ. もしそうであるなら,なぜ旅をすることが 「自分探し」 になるのか,そこからして説明されていない. この本ではおこっている現象はいろいろ書かれているが,著者がまえがきに書いてあるように 「掘り下げ」 られてはいない.

評価: ★★☆☆☆

関連リンク: 自分探しが止まらない@ [bk1]自分探しが止まらない@Amazon.co.jp

つづく…

2012-02-18

「就活にかかわるヤツらはみんなバカばかり」 というわけで,著者は就活生をタタき,企業の面接者をタタき,就職情報会社をタタく. 大学はそれほどはタタかれていないようにみえる. 就活の実態を知ることは必要だが,タタいてばかりいて,あまり建設的な議論であるようにはみえない.

評価: ★★☆☆☆

関連リンク: 就活のバカヤロー@ [bk1]就活のバカヤロー@Amazon.co.jp

つづく…

2012-06-03

著者は戦争を希望するという. しかし,どこの国とどういう戦争をするというのか? この本には海外の話,外交の話などまったく登場しない. フリーターとしてかろうじて生きている若者にはそんなことをかんがえる余裕もないということだろうか? しかし,相手のない戦争はありえない. 戦争に関するイメージもとてもふるい. これから戦争がおこるとしても,たぶん,もっとちがったものになるだろう. 著者の主張は一見すじがとおっているようにみえるが,そういうわけで,うつろにひびく.

評価: ★★★☆☆

関連リンク: 若者を見殺しにする国@Amazon.co.jp若者を見殺しにする国@Amazon.co.jp

つづく…

2012-10-05

日本では長時間残業するひとがおおいが,もっと時短して雇用をふやそうというわけで,ワークシェアリングが話題になる. たしかに,それはばあいによってはありうる選択肢だろう. しかし,通常はナンセンスなのではないか.

つづく…

2012-10-09

日本のホワイトカラーがおかれたきびしい状況をえがいている. あつかっている問題は重要であり,示唆をあたえているといえるだろう. しかし,ホワイトカラー,ブルーカラーというふるくさいことばがいまでも雇用の分析のためにやくにたつのかどうかが,とわれるべきだろう. かつてはブルーカラーの代表だった旋盤工でさえも NC 旋盤をプログラムする時代だ.

著者はホワイトカラーが職場の外でも仕事のことをかんがえるのは本来あるべきすがたではないと書いている. だが,これは仕事にひらめきをいかすのを否定することであり,ホワイトカラーとブルーカラーの差をさらにちぢめてしまうことになるだろう. それでいてホワイトカラーを問題にする理由がよくわからない.

評価: ★★☆☆☆

関連リンク: 貧困化するホワイトカラー@Amazon.co.jp

つづく…

2012-10-11

著者と 11 人との対談が収録されている. それぞれ視点がちがっているが,そのなかでも雨宮処凛の話はおもしろい. やはりよく 「下流の人」 をみているということだろう. たべものの話,料理をしないこと,健康保険のことなど,知らないことだらけだ. この話を読んでおもしろくないとするとヤバイということだろう.

評価: ★★★☆☆

関連リンク: 格差社会のサバイバル術@Amazon.co.jp

つづく…

2012-10-22

読んでいて,著者はデンマークびいきがすぎるのではないかとおもった. だが,「おわりに」 をみて,理由がわかった. 「デンマークのよいところだけをつたえたい」 と書いてあるからだ. 著者もけっしてデンマークのすべてが日本よりよいとかんがえているわけではないのだろう.

しかし,それでもデンマークでは中学をでると職業を選択しなければならない,そのさきは専門教育を うけることになるが,それがよいとかんがえているようだ. 日本では高校で一般教養的な内容を学習するが,それがよいことだとはかんがえていないようだ.

もしかするとそのとおりなのかもしれない。 日本でもかつての教養主義は死んでしまった. しかし,私もふくめて,それだからといって高校の教育まですっかり専門化してしまうのがよいとは信じていないひとがおおいのではないだろうか? 著者は料理人になるひとが一般教養をまなぶのはむだだと書いているが,そうでないというのが日本のこたえであったはずだ.

もちろんデンマークからまなぶべきことはたくさんある。 しかし,日本は日本のみちをいけばよい部分もまた、たくさんあるのだとおもう.

評価: ★★★☆☆

関連リンク: 格差と貧困のないデンマーク@Amazon.co.jp

つづく…

2012-11-06

オランダではワークシェアリングがうまくいき,経済が活性化されているという. この本はそのオランダにまなんで日本でもワークシェアリングを実現しようという内容だ. だが,この本にも書かれているようにオランダと日本とではさまざまなちがいがある. 日本人のはたらきかたや労働市場などについてはこの本でも検討しているが,経済構造などについてもっと分析が必要なのではないだろうか. このようなせまい分析では,オランダのやりかたがとりいれられるのか,また.どうとりいれていけばよいのか,わからない.

評価: ★★★☆☆

関連リンク: ワークシェアリング@Amazon.co.jp

つづく…

2012-11-17

マルクスの資本論をもちだして,労働の 「価値」 と 「使用価値」 のうち,現在ひとびとが 「使用価値」 ばかり重視しているが,実は 「価値」 が重要なのだという. しかし,企業ではたらいている身には 「価値」 が重要なのはあたりまえだが,おおくの社員は 「価値」 も 「使用価値」 もかんがえていないことが問題なのだとおもえる. だから,著者の問題意識はすこしずれているようにおもえる.

評価: ★★★☆☆

関連リンク: 僕たちはいつまで@Amazon.co.jp

つづく…

2012-12-07

日本人の古典的な仕事倫理を 「メランコ」 とよび,それにかわって最近台頭してきたものを 「ナルシス」 と呼んでいる. 能力主義とメランコとが対応し,成果主義とナルシスとが対応するのだという. わからなくはないが,感覚的に論じているだけであり,感覚を共有しないものにはピンとこない. もっときちんと論証する必要があるだろう.

評価: ★★☆☆☆

関連リンク: 自己愛化する仕事@Amazon.co.jp

つづく…

2012-12-13

著者は大学キャリアセンターでさまざまな問題を目にし,それをこの本に書いている. ほんとうはみずから問題の解決ができればよいのだろうが,著者にはそれができないからこの本を書いているのだろう. 学生にほんとうのことをいえればよいが,「リストカットされてはこまる」 からいえない. 企業からもう求人をださないといわれるとこまるから,企業にもいいたいことがいえない. 犬のとおぼえのように,本を書くしかない. なさけない話だが,それが真相なのだろう.

評価: ★★★☆☆

関連リンク: 大学キャリアセンターのぶっちゃけ話@Amazon.co.jpKindle 本@Amazon.co.jp

つづく…

2013-02-04

会社をめった斬りにする前半は最近の若者の実態を知らない私には断然おもしろかった. これだけ文章が書けるなら,きっと出版でそこそこ食っていけるだろう. ただし,Kindle 本ではいまはもうからないだろうが…

後半はネットでのもうけかたの話であり,知りたい人はいるだろうが,この手のことを書いた本はたくさんあるのでもういいという感じ. しかし,著者にとってはここまででワンセットなのだろう.

評価: ★★★★☆

関連リンク: 働いたら負け@Amazon.co.jp

つづく…

dasyn_1013-06

方向指定 3D デザイン・印刷技術を使用してつくったこのような作品を デイシン Yahoo! Japan ショップで売っています.

カテゴリー

Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type