[ トップページ ]
メディア・アート・イベント・エンターテイメント:音楽 (一般)

Zdeněk Mácal のドボルザークとマーラー,そして 「のだめ」

1989 年ごろ,私はアメリカのピッツバーグに住んでいた. そのころ,まだ日本では CD (コンパクト・ディスク) はたかかったが,アメリカでは 6 ドルくらいでけっこうよい演奏が手にはいった. 演奏評などをたよりに買った CD のひとつが Zdenek Macal (Zdeněk Mácal,ズデニェク・マーツァル,ズデネク・マーカル) 指揮のドボルザークの新世界 (交響曲第 9 番,オーケストラはロンドン・フィル) だ. この指揮者,アメリカにいくまではまったく知らなかった. それどころか今回しらべるまで,あいかわらず知らなかったのだが,中古で買ったレコード芸術Wikipedia の項目のおかげで,いくつか,わかってきた.

マーカルは 1989 年ごろにはミルウォーキー交響楽団の音楽監督をしていた (これも Wikipedia による). 私にはピッツバーグ交響楽団の客演指揮をしたのをきいたという記憶がある. たぶん,CD をさきに買って,曲目にも興味があったので演奏会にいったのだとおもう. ただし,当時のピッツバーグ交響楽団は音楽監督だったロリン・マゼールがひくととてもよいが,客演ではあまりよくなかったという記憶がある.

Macal-Mahler3.jpg 最近,中古で買ったレコード芸術をみているうちに,マーツァルというなまえを発見した. マーカル (マーツァル) は 2006 年 1 月のレコード芸術において,交響曲部門で受賞している. 曲目はマーラーの交響曲第 3 番,チェコフィルとの演奏だ.

Wikipedia でしらべたところでは,「のだめカンタービレ」 にセヴァスチャーノ・ヴィエラ役で出演していたという. どういうきっかけで 「のだめ」 に出演することになったのかは知らないが,日本との縁もそれなりにあるということだろう.

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/4742

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type