[ トップページ ]
メディア・アート・イベント・エンターテイメント:AI アート, 数学・計算・情報学・プログラミング:人工知能・複雑系と人工生命

AI は抽象画が得意 ?!

深層学習をつかって英語の文から画像を生成するツールがいろいろでまわっている. それをつかって抽象絵画風の画像をあれこれつくってみている. それらの画像をみて感じるのは,AI (深層学習) は抽象画が得意なのではないかということだ.

まず,いくつかの例をみてみよう. すでにこのブログでも紹介したが,モンドリアン風に猫を描かせてみると,とくに Stable Diffusion は猫の特徴をうまくとらえた絵を描く.

DzKVuQ6D8RHFbGZ40mxb--3--dvc2iS.jpg DzKVuQ6D8RHFbGZ40mxb--2--o2ped.jpg

こういう絵が描けるのは抽象化された猫の絵をいろいろ学習したからかもしれないが,理由はそればかりではないのではないだろうか. 深層学習によってコンピュータは抽象化能力 (汎化能力) を得た. その能力が発揮されているのではないかとおもう. 人間もだれもが抽象化能力がたかいわけではないから,平均的な人間よりその能力がたかい可能性があるのではないか.

あまり学習した絵を抽象化せずに描いているとはおもえない例もいくつかあげてみよう.

3a7d059963970a74aaa9f780c3a4e3dd.jpg 392623389cc10ca96a24af60bc554f43.jpg

image_random_4WP_0fKN_1667917999798_raw.jpg

つぎの絵は黒猫に白猫がはめこまれているが,こういう技法をどうやっておぼえたのだろうか.

image_random_Fy4PHork_1667947509326_raw.jpg image_random_U09ULU0Z_1667945908301_raw.jpg

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/7721

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by Movable Type