[ トップページ ]
DIY (日曜大工) とものづくり・実験:3 次元印刷 (3D printing)・CAD

3D デザイン電球におけるテーパ・ネジの利点

Dasyn のブログ記事に書いたように,3D デザイン電球のカバー (シェード) が交換できるようにするため,それを本体にネジで固定するようにしている. そのネジとして,その記事にも書いたようにテーパ・ネジ (つまりふとさが変化するネジ) をつかっている. テーパ・ネジをつかうことには通常のネジにはない利点があることがわかってきた.

螺旋 3D 印刷で使用している設計モデルはフィラメントの中心を基準にしている. そのため,ネジの表面は設計寸法からずれている. そのずれかたは,印刷物 (中空のネジ) の厚みによってちがってくる. したがって,ネジのふとさをきちんとあわせるのがむずかしい. テーパがないとふとさをきちんとあわせなければならないが,テーパがあれば場所によってふとさがちがっているから,ふとさが合う場所がどこかにある. つまり,厚みをかえてもネジがちゃんとしまるということだ.

テーパ・ネジをやめて,ふとさが一定のネジをつくることもためしてみたのだが,そうするとネジをあわせるのがむずかしくなった. カバー側はふとさ一定にしたままでも,電球本体側をテーパ・ネジにしておけば,うまくねじこむことができる. だから,本体側はまたテーパ・ネジにもどしてしまった.

2020-03-01a.jpg

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/7538

コメントを投稿

dasyn_usbthinlightuvb

螺旋 3D 印刷技術を使用してつくったこのような作品を デイシン Yahoo! Japan ショップで売っています.

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by Movable Type