[ トップページ ]
DIY (日曜大工) とものづくり・実験:3 次元印刷 (3D printing)・CAD

風でいびつになる 3D 印刷「かる〜い」地球儀

現在デイシン (Dasyn) の Web ショップで螺旋 3D 印刷による直径 12 cm までの中空地球儀を販売しているが,これよりおおきいものはかたちがいびつになって,うまくつくれなかった. その原因がずっとわかっていなかったが,ファンで風をあてるのをやめればほぼ真球になることがわかった.

直径が 12 cm でも,真球からはずれやすい.14 cm になると,厚さやその他のパラメタをどうえらんでも,うまくいかなかった. 強力な冷却がぜひ必要なものだとかんがえていたので,プリントベッドのそばにつけた強力なファンをとめることはかんがえなかった. しかし,今回,極以外はヘッドのそばについたちいさなファンだけでやってみたところ,直径 16 cm でもうまくつくれることがわかった. 極の部分についてはさらにくふうが必要だが,そうすれば直径 30 cm のものをつくこともできるだろう.

2019-07-11-08.00.00.jpg

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/7475

コメントを投稿

dasyn_usbthinlightuvb

螺旋 3D 印刷技術を使用してつくったこのような作品を デイシン Yahoo! Japan ショップで売っています.

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by Movable Type