[ トップページ ]
DIY (日曜大工) とものづくり・実験:3 次元印刷 (3D printing)・CAD

Rostock MAX のエクストルーダは清掃しやすいが,やはりカパーはじゃまになる

ABS 樹脂をつかっていると,エクストルーダがフィラメントをけずってしまう事故がおこりがちだ. Rostock MAX に付属していた Ultimax のエクストルーダは比較的それがおこりにくい. しかし,低温のまま印刷開始してしまうと,フィラメントがうごかないので,けずってしまうことになる. そういうときに,このエクストルーダはふたをあけるようなことなしに清掃できるので便利だ. だが,それでもしばらくはそうじの頻度がたかいので,カバーをはずしておいたほうがよさそうだ.

RIMG1799.jpgエクストルーダはプラスティックのカバーでおおわれている. しかし,すきまがあるので,そこから適当な道具をさしこんで掃除することができる. こういう事態も想定して設計されているにちがいない.

2013-7-14 追記:
まだ印刷のパラメタをかえてみているところだ. 適切でないパラメタを指定すると,フィラメントがノズルのところでかたまってつまり,エクストルーダでフィラメントがけずられることになる. いまはそういうことがしばしばおこる. カバーがあっても一応そうじはできるが,カバーをはずしてハケでとりのぞくのがはやい. だから,しばらくはカパーをはずしておくことにしよう.

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/6419

コメントを投稿

dasyn_1101-25

方向指定 3D デザイン・印刷技術を使用してつくったこのような作品を デイシン Yahoo! Japan ショップで売っています.

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type