[ トップページ ]
書評:社会・経済, 社会・経済:貿易・TPP, 社会・経済:農林水産業

TPP に関しては反対の本ばかり…

最近,TPP (Trans-Pacific Partnership) に関する本が続々と出版されつつある. 菅政権によって急にもちだされた TPP 問題だが,賛成するにせよ反対するにせよ,急いで対処しなければならないわけだから,当然のことだろう. ところが,すでに出版されたり,ちかく出版されようとしている本はほとんど反対派のものだ. 賛成派はどこにいったのだろう?

テレビなどでみるかぎり,TPP に関しては賛成派もすくなくない. ところが,賛成派はどうやら,まとまった意見をのべてはいないようにみえる.

Amazon で検索してみると,つぎのような本がみつかる.

このなかで最後の 1 冊をのぞいては,あきらかに TPP に異をとなえている. 最後の 1 冊はムックだから,TPP 賛成派が書いた本とはいえないだろう. 賛成派はどこにいったのだろう. 反対派とくらべて,本が書けるだけの材料をもっていないのだろうか?

キーワード: TPP

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/4877

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type