[ トップページ ]
メディア・アート・イベント・エンターテイメント:ビデオ・映画・テレビ, 知的生産とリテラシー:視覚化・図解・グラフ

つまらないものを買ってしまった! ― 動画編集ツール PowerDirector 6

研究紹介ビデオの制作」 という項目に書いたように,研究紹介のビデオをつくるのに PowerDirector がよいと書かれた本があった. なので,昨年,その時点で手にはいる PowerDirector ver. 6 というソフトを買ってあった. いま,それをつかってみようとしたのだが,結局,つかえないようだった.

ひとつの問題は,この版の PowerDirector は HD (高精細) には対応していないということだ. いまやデジタルの時代になろうとしているので,解像度がひくい動画はうれしくない. 最新版は HD に対応しているというが,はたしてほんとうにつかえるのだろうか.

しかし,HD でなくても,キャプチャした PC 画面の文字が読める程度ならなんとかつかえる. ところが,PowerDirector ver. 6 をつかって動画を変換すると,画面がぼけるだけでなく,ちらついて,とてもみられたものではない. うまく調整すればもっとよくなるのかもしれないが,試行錯誤して調整しなければならないのなら,フリーソフトとかわりがない.

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/4873

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type