[ トップページ ]
インターフェース・デザイン・アメニティ, 観光・旅行・出張:海外旅行・出張

つかえないスカイライナーの自動券売機

これまで,京成にのるにも JR にのるにも,だいたい自動券売機で買っていた. しかし,新スカイライナーの自動券売機はつかえるしろものでないことがわかった.

成田空港から新スカイライナーのきっぷを買おうとしたが,券売機では容易に買えないことがわかった. 「日暮里でのりかえ」 のボタンをおすと,京成と JR の合計金額を選択することがもとめられる. 日暮里から 190 円だとはおもうが,それもさだかでない. スカイライナーの合計金額がいくらかも,さだかでない. それがわからないと自動券売機では買えないのだ (もしかしたら料金表はちかくにあったのかもしれないが,みる習慣がない. むかしなら切符を買うときはうえをみあげたものだが,いまはそんなことはしない). とりあえず日暮里まで買おうとおもったが,どうすればよいかわからなかった.

なんという設計だろう. これでつかえるとおもったのだろうか? わたしのまえの客も,つかってみて,あきらめたようだ. ユーザ・インターフェースの設計のしかた,あるいはプログラムの設計のしかたが ちがうだろう.

関連項目:

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/4832

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type