[ トップページ ]
情報通信博物館:MacBook, インターフェース・デザイン・アメニティ

マルチタッチはかならずしもつかいやすくない ― MacBook のばあい

iPhone ではマルチタッチ機能がとても便利だ. とくに,しばしばつかう拡大や縮小の際にピンチングができなかったら,どれだけ不便だろうとおもう. ところが,MacBook Air でマルチタッチ機能をつかってみると,むしろつかいにくいという印象がのこる.

macbookair-multitouch-trackpad.jpg そもそも Mac ではどういうときにマルチタッチをつかうか? 拡大・縮小をすることは iPhone ほどおおくない. iPhone とはちがって,画面がそこそこおおきいからだろう.

よくつかうのはスクロールだ. マウスがつかえないとき,ホイールのかわりになるのが 2 本ゆびをスライドさせる動作だ. これはたしかに便利だ. しかし,かならずしもうまくスクロールしないことがおおい. Mac をつかっている環境にもよるが,マルチタッチがうまく機能するように 2 本のゆびをタッチパネルにおくのに努力を要することがある. MacBook をひざのうえにおいているときにそう感じやすいようにおもう. 出張先ではそういうつかいかたをする場面がおおい.

こういうとき,ゆびをかるくおいてもマルチタッチにならない. こういうときに,不便だと感じる. 慣れの問題もあるだろうが,課題があるようにおもえる. (写真は Multi-Touch Technology から借用した.)

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/4819

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type