[ トップページ ]
政治・法律・憲法:構造改革と民営化, 政治・法律・憲法:麻生太郎内閣

鳩山総務相を辞任させた首相を支持する

小泉改革の時計を逆まわししようと陰謀をめぐら」 して日本郵政をさまざまな方法でタタき,最後には首相が反対しても西川社長をやめさせるといってきた鳩山総務大臣がついに,更迭にちかいかたちで辞任することになった. 鳩山大臣を任命した張本人ではあるが,辞任させた麻生首相を支持したい.

総選挙で 3 分の 2 の議席を獲得するという国民のつよい支持をえて実行された郵政民営化は,それから 4 年たったとはいっても,まだはっきり成否がいえる段階ではない. たしかに 「かんぽの宿」 をはじめとして経営上の問題もいろいろ指摘され,また郵便局や配達員に関してもいろいろ問題があることが指摘されている. しかし,それが社長の辞任をせまるほどのものだとはおもえない. 労働問題に関していえば,おおくの企業がかかえている問題とそれほどちがっているわけではないだろう. そういう状況では成否がもっと明確になるまで待つべきだとおもえる.

鳩山大臣のかんがえがみとめられるようなら,渡辺 喜美 のように (?!) 自民党をみすてようとおもっていたが,そうはならなかった. 野党がのきなみ麻生首相を批判し日本郵政たたきの姿勢をみせている現状では,かぎられてはいるが構造改革の成果をまもるためには自民党を支持するほかはないとおもえる.

関連項目:

キーワード: 郵政民営化

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/3997

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type