[ トップページ ]
書評:DIY (日曜大工) とものづくり, DIY (日曜大工) とものづくり・実験:オーディオの自作と実験, オーディオ博物館

「ラジオ技術」 や 「無線と実験」 を購読していた 1970 年ころのこと

私がオーディオに興味をもったのは,中学にはいったころの 1960 年代末のことでした. そのころから主要なオーディオ雑誌として,いまでもある 「無線と実験」 と 「ラジオ技術」 とがありました. いまでは他にもいろいろな雑誌がありますが,小学生のときによく買っていた 「子供の科学」 の電子工作を経由してこの世界にはいってきた私には,いまでも他の雑誌よりはこれらの雑誌のほうが興味があります.

WirelessNExperiment.jpg RadioTech2.jpg 1968 年から 2 年くらいのあいだは毎月 「無線と実験」 を買っていましたが,そのうち 「ラジオ技術」 のほうがよりおもしろいとおもうようになって,そちらにかえました.

1969 から 1977 年くらいまで,欠かさず毎月買っていました. 読者欄に投稿したこともあります. しかし,大学にはいつてからはしだいに興味がコンピュータにうつっていったので,だんだん買わなくなりました.

RadioTech1.jpg その後,最近まで,あまり目にすることもありませんでした. 買ったこれらの雑誌も,捨てることはありませんでしたが,箱詰めして,目にふれないようになっていました. しかし,これらの雑誌を最近は Amazon.com でみるようになりました. また,箱詰めされていたものをあらためてとりだして,書架にならべてあります. 写真はその書架をうつしています. いま 「ラジオ技術」 は 1500 円もするので,なかなか手がでません. 「無線と実験」 のほうが 1000 円なので,たまに買うことがあります.

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/2916

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type