[ トップページ ]
社会・経済:セールス・営業・マーケティング, 言語・コミュニケーションとネットワーキング:電話

電話セールスの撃退法 ― セールスマンの身にもなって…

マンションなどのセールスの電話が頻繁にかかってきますが,ここではその撃退法について書いてみます.

私自身はセールスの電話は基本的に受ければよいとかんがえていますが,妻はそれをいやがるので,NTT のナンバー・ディスプレイ機能と電話機の迷惑電話防止機能とをくみあわせてつかっています. (つかっている電話機については 「歴代の電話器と Fax」 という項目で書きました.)

まず,ナンバー・ディスプレイ機能をつかうことによって,自分の電話番号をあきらかにしない相手は拒否します. 電話番号は手でいれることもできるようになっているので詐称することも可能ですが,それで問題がおこったことはあまりありません.

これで,かかってくる電話の番号がかならず表示されるようになるわけですが,妻はたいてい,かかってきた電話の相手の番号をみて,うけるべきだと判断したものだけをうけているようです. しりあいの電話番号はだいたいわかる,それ以外でぜひ情報をつたえたい・話がしたいひとは留守番電話にメッセージをのこすことができるので,これで一応の解になっています. しかし,ときどき,留守番電話をいやがるしりあいの電話をうけそこねているようです.

しつこい電話は電話機に番号を登録すれば,次回からは拒否されるようになります. 電話番号をかえて何度も電話することもできるわけですが,そこまでするひとはめったにいません. したがって,使用する頻度はひくいのですが,この機能も有効にはたらいています.

私自身はどこからの電話であれ基本的には受けることにしているので,妻が不在のときのほうが電話がかかりやすいことになります. 受ける電話の大半はセールス,そのなかでも大半は不動産 (マンション) 関係です. ひとことでいえばマンションを売りたい業者からの電話なのですが,手口はさまざまです. セールス電話の手口とそれへの対策については別の項目で書こうとおもいますが,受けた電話はなるべく 1 分以内にこちらの興味の有無を判断して,興味がないと判断したときにはなるべくはやくことわるようにしています. そのほうが,私自身はもちろんですが,相手にもむだな時間をつかわせないとおもうからです.

私自身も研究者とはいえ,会社づとめをしている身なので,売り手のきもちもある程度わかります. むだはさけつつ,いきなりガチャンと電話をきったり,「バカヤロー」 みたいなことをいうことはさけて,ていねいに応対するようにしています.

キーワード: セールス手法, マンション販売, 不動産販売

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/2312

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type