[ トップページ ]
社会・経済:貿易・TPP, 生活:食品・料理と嗜好

毎朝のむオレンジ・ジュース ― 濃縮還元とストレートのジュースについて

1988 年の秋からしばらくアメリカでくらしていましたが,そのときに習慣づいたことのひとつは,毎朝オレンジ・ジュースをのむことです. これは日本にもどってからもつづいていますが,アメリカにいた当時から,安価な濃縮還元のジュースをのんできました. しかし,最近アメリカにいったときのたのしみのひとつは,ストレートのオレンジ・ジュースをのむことです. アメリカではもちろん,シンガポールなどでもこれは比較的安価に売っているのですが,日本ではあまり売っていません.

TropicanaOrangeJuice.jpg 私がアメリカにいくまえは,日本ではまだオレンジ・ジュースは比較的高価でした. それに対して,アメリカでは安価にジュースを買うことができました. ストレートのジュースも売っていましたが,濃縮還元とくらべると数 10% たかいので,毎朝のむには濃縮還元のものをえらんでいました. ストレートと濃縮還元とのおもなちがいは,ストレートが本来のオレンジ・ジュースの香りを保存しているのに対して,濃縮還元のばあいは濃縮するときにオレンジらしい香りがほとんどうしなわれてしまうので,香料でかおりづけしているということです. (写真はアメリカならどこでも売っている (シンガポールでも売っている) Tropicana (トロピカーナ) のストレート・ジュースです.)

アメリカから日本にもどってきたころには,日本でもオレンジ・ジュースが比較的安価に手にはいるようになっていました. そのため,もどってからも毎朝のむことをつづけました. しかし,当時はもちろん,現在でもストレートのジュースはあまり売っていません. なぜなのでしょうか? たしかに,アメリカ国内とくらべると,濃縮せずにジュースをアジアまではこぶことにかかるコストはかなりたかいはずです. そのためにひきあわなくなっているのでしょうか? ところが,シンガポールにいくと,ストレートのジュースを売っています. アメリカにくらべると高価ですが,手がでないほどでもありません. シンガポールは貿易港なので特別なのかもしれませんが,そうはいっても,日本で売っていない理由がわからなくなります.

straight-orange-juice-1.jpeg ちかくの店で買うことができないので,ときどき Web ショップでみつけて,ストレートのジュースを買っています. 最近,私が買ったのは右の写真の商品です. これはストレート果汁としては比較的安価です. ただし,パルプ (果肉) がかなりおおいという特徴があります. 1 個だけ買うと送料がたかくつくので,まとめ買いしています. 賞味期間が比較的ながいので,まとめ買いしても問題はありません.

streight-orange-juice-2.jpeg いま楽天でさがしてみると,つぎのようなものもあります. ここには一番安価な店へのリンクだけのせますが,ほかにもおなじ商品をあつかっている店がいくつかあります. ただし,これらはためしたことがないので,よしあしはわかりません. 以前はべつの種類のジュースもためしましたが,いまはそれをみつけることができません.

このように Web で安価なストレート・ジュースをさがしても,1 リットルで 300 円以上はします. これに対して濃縮還元であれば 160 円程度で買えます. なかには 99 円ショップでその値段で売っているものもありましたが,これはさすがにまずかった. それをのぞいても,相当な価格差があるので,いつも買おうとはおもいませんが,ときどきはストレート・ジュースを買っているわけです.

2012-9-26 追記:
最近のストレート・オレンジ・ジュースの検索

キーワード: スクイーズド・ジュース, ストレート果汁, 毎日

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/1605

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type