[ トップページ ]
地理・地域:中国, 観光・旅行・出張:海外旅行・出張

深圳の Jia Lu Hotel はそこそこだが英語が通じないのでこまった

深圳でとまったホテルが Jia Le Hotel (ジアル・ホテル) だ. ワシントンなどではホテルが高いので民泊をためしたが,鍵をさがしだすのに時間がかかった. そこで,ユース・ホステルや民泊のようなところはやめて,ヤバくなさそうなホテルの最低レベルをさがした. 事前に評判をみておけばわかったことだが,英語がまったく通じないのはこまったが,それでもだいたい必要なことはコミュニケートできた.

空港から地下鉄 11 号線に乗ったが,路線図としてふるいものをもっていったので,どこでのりかえたらよいかがわからなかった. 11 号線の終点が福田という駅なのだが,実はそれがホテルにかなりちかい場所なので,終点までいけばよかった. しかし,わからなかったので途中でのりかえて,余計な時間をつかってしまった. 地下鉄なので,ながく乗っていてもあまりおもしろいことはない. (下の写真はホテルのそばの駅)

IMG_5711.jpg

ホテルは駅のそばなので,場所はすぐにわかった. しかし,建物の 5 階 (5 楼) ということなので,どこにエレベータがあるのか,それともないのか,すぐにはわからなかった. 階段はすぐにわかったが,それで 5 階までいく気にはならなかったので,すこしさがして,ようやく 5 階にいった.

31207247.jpg 31207211.jpg

フロントもそれなりにできているが,こまったのは英語がまったく通じないことだ. 発音の問題とかではなくて,書いてもわからない. 1300 元はらえというので,いろいろカードをだしてみたが,だめなようだ. とりあえず 1 日分とデポジットで 200 元はらえというので,そうすることにした. Deposit という英語はわかっていたので,ここは通じた.

13 時ごろに着いたのだが,すぐにチェックインすることができた. 荷物をおいて,おなじ建物にある中国銀行にいったが,うまく現金がおろせない. あとでべつの ATM をためそうとおもって,さっそく华强北 (華強北) にでかけ,途中で中国建設銀行の ATM で 1500 元調達した. ホテルにもどってから 1100 元をはらったのだが,最初はフロントに子供しかいない. これでは話が通じないとおもって待っていたが,なかなか部屋のメイクがおわらないようで,もどってこない. あきらめて夕食をすませてから 7 時ぐらいにいくと,ようやく払うことができた.

へやは十分きれいだ (そうしないとネットで悪評を書かれて客がこなくなるだろう). ベッドは幅はキングサイズくらいあるので十分だが,ややみじかいので,評判をみると欧米人には不評なようだ. ベッドが硬いという評価も書かれているが,私には硬さはよい. しかし,へこみかたが一様でないのがすこし問題だ.

シャワーはカーテンもなく水がバスルーム全体にながれていくようになっているのが,いささかつかいにくい. ものをおく場所もすくなくて,おとしやすいのがすこしこまるが,これは安ホテルにはありがちなことだ.

ドアをしめると電源がきれて換気されなくなるので,禁煙室であるにもかかわらず,ややタバコくさくなる. また,トイレ臭もすこしこもる. これは夜すべての電気を消したときもおなじなので,バスルームからの光がベッドに直接いかないようにくふうして,あすはつけたまま寝るようにしたい.

IMG_5630.jpg IMG_5631.jpg

IMG_5632.jpg IMG_5633.jpg

追記: この部屋には日がはいる窓がない. ちいさな窓のようなものとカーテンはついているのだが,その外は光庭ですらない. つまり,天井があり,床というか底もある. そしてわるいことには,そこにはゴミがつまっている. ゴミをすてている音もきこえる. ここにゴミがあることは想定していないから,そうじもしていないのだろう. しかし,匂いがしてこないのは不幸中のさいわいだ.

IMG_5701.jpg

バスルームの入口の取っ手や鏡のまえの金具などがはずれているのだが,なおす気はないらしい. はずれたものをおいてあるだけなので,すぐにおちてしまう. しかし,おちた状態にしておくと,ひろって置いてあるだけなので,またはずれておちてしまう.

天井をみると火災センサ (煙感知器?) とスプリンクラはちゃんとついている. あまり客へのサービスをかんがえているようにはみえないが,法律はちゃんとまもっているということだろう.

IMG_5965part.jpg

関連項目:

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/7356

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type