[ トップページ ]
DIY (日曜大工) とものづくり・実験:3 次元印刷 (3D printing)・CAD

AnyCubic Kossel でスプリング・ワッシャをつかってみた

AnyCubic Kossel でうまく印刷できない原因のひとつがネジがゆるんだことにあるのではないかとかんがえて,あちこちにスプリング・ワッシャをいれてみた. うまく印刷できない原因はほかにあったが,精度がおちにくくはなったのではないかとおもう.

Rostock MAX ではゆるみにくいナットをつかっていたが,AnyCubic Kossel ではネジのゆるみへの対策がない. 6 本のロッドの両端はナットでしめるようになっているので,2 台めの Kossel は最初からスプリング・ワッシャをいれた. また,1 台めはそれらのネジを全部はずして,ゆるまないようにスプリング・ワッシャをいれてしめなおした. ただし,M3 のネジなので,スプリング・ワッシャもよわい. ややこころもとないが,それでも効果はあるだろう.

IMG_2266part.jpg IMG_2270part.jpg

IMG_2268part.jpg AnyCubicKosselBearingSpringWasher.jpg

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/7183

コメントを投稿

dasyn_1101-25

方向指定 3D デザイン・印刷技術を使用してつくったこのような作品を デイシン Yahoo! Japan ショップで売っています.

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type