[ トップページ ]
社会・経済:乗物と道路・駅, 社会・経済:産業・ビジネス

エスカレータをあるいてはいけないなんてナンセンス !!

最近,テレビで「エスカレータ上をあるくのは危険なので,ねばりづよくやめるようによびかけている」という話をきいた. しかし,もう何 10 年もまえから,ひとびとはエスカレータ上をあるく習慣になっているともいう. それなのに「あるいてはいけない」なんていうのはナンセンスだ. 安全にあるけるエスカレータを開発するべきだ.

関東ではエスカレータは右側をあけてのる習慣になっている. 左側は基本的にあるかずにつかうひとのため,そして右側はあるいてつかうひとのための場所だ. もう何 10 年もまえからそうなっているようだ. それなのに,エスカレータ上をあるくのは危険だから,やめるようによびかけているひと (組織) がすくなからずあるらしい. エレベータの設置者はそうするほかないのだろうが,メーカに関してはそれだけでは怠慢といわざるをえない. みんながあるいてつかうようになっているのなら,製品をそれに対応させるべきだ. 危険とわかっている製品を売りつづけるのは責任回避だ.

そういうわけで,私はこれからも (あるくのはやめずに) エレベータはできるだけ安全にあるくようにするつもりだ. それでのこる危険をなくすのはメーカのやくわりだ.

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/7022

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type