[ トップページ ]
数学・計算・情報学・プログラミング:人工知能・複雑系と人工生命

コンピュータ・ビジョン,画像センシングの 2 つの学会

最近はコンピュータ・ビジョンを仕事にしているので,関連の 2 つの学会にいってきた. ひとつは MVA 2015 (Machine Vision Applications) という国際学会,もうひとつは画像センシング・シンポジウム (SSII) という国内学会だ. どちらも深層学習の話題が多いが,そればかりというわけではない.

MVA 2015 は 5 月 18 〜 22 日に東京の科学未来館でひらかれた. まだはじめたばかりの仕事なので発表ができるわけではないが,東京ならききにいってもよいだろうとかんがえた. IAPR (International Association for Pattern Recognition) という学会が主催している (IAPR がなんの頭文字なのか,なかなか書いてない!) が,日本のいろいろな学会が協賛している. ヨーロッパからの参加者が比較的多い. 今年から 10 年前の論文に賞をだすことにしたというが,受賞したのは日立からの指静脈認証の論文だ.

画像センシング・シンポジウムは 6 月 10 〜 12 日に横浜のみなとみらいでひらかれた. 私は 11 日だけ,いってきた. ここでも 11 年前の論文に「高木賞」という賞をあたえているが,受賞したのはトプコンという会社のひとたちだ. 中規模の会社だが先進的な研究をしてきている. それより興味をひかれたのは東芝の Visconti に関する発表だ. Visconti (1) という画像処理プロセッサを販売したが事業的に成功せず,その後 8 年間は新製品をだしてこなかった. しかし,その間も研究はつづけ,歩行者検知などのための CoHOG という技術などを開発し,それが次機種にいかされたという.

キーワード: 機械学習, 深層学習, ディープ・ラーニング, Deep learning, コンピュータ・ビジョン, Computer vision, 画像認識, たたみこみニューラルネット, Convolutional nerural network, 画像センシング, Image sensing

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/7008

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type