[ トップページ ]
地理・地域:東・南アジア, 観光・旅行・出張:海外旅行・出張

廃墟としてのアンコール遺跡

ICOIN 2015 という学会で 2 件の発表をするために,カンボジアのシェムリアップ (Siem Reap) にいった. アンコール・ワットをはじめとする遺跡たちは,廃墟の雰囲気をただよわせている. これらの遺跡は 20 世紀にながくつづいた戦争によって破壊されたが,廃墟となった原因はむしろそれ以前にある.

通常,遺跡というとほとんど原型をとどめていないか,または完全に復元されていて,どちらの場合も廃墟にはみえない. しかし,アンコール遺跡のおおくは部分的に復元され,あとはこわれたままになっている. それが廃墟を感じさせる.

たとえば,アンコール・ワットの北東にあるタ・プロムという寺は 17 世紀に放棄されたのだという. その後,建物や壁はこわれ,そこには木がまとわりついた. いまではその木は巨木になって,ふしぎな光景をつくりだしている.

寺の内外にはおおくの仏像やひとの像があるが,それらのおおくは頭がない. 自然にこわれたものもあるだろうが,偶像をきらう者によってこわされたものが多いのではないだろうか.

IMG_0261_edited-1.jpg IMG_0369_edited-1.jpg

P1140785_edited-1.jpg P1140855_edited-1.jpg

P1140883_edited-1.jpg IMG_0199_edited-1.jpg

IMG_0257_edited-1.jpg IMG_0258_edited-1.jpg

IMG_0298_edited-1.jpg IMG_0331_edited-1.jpg

IMG_0342_edited-1.jpg IMG_0358_edited-1.jpg

IMG_0361_edited-1.jpg IMG_0364_edited-1.jpg

P1151223_edited-1.jpg P1151228_edited-1.jpg

P1151274_edited-1.jpg

関連項目:

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/6922

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type