[ トップページ ]
地理・地域:東・南アジア, 観光・旅行・出張:海外旅行・出張

プリヤ・カーン,タ・プロムなどの寺をみた,シェムリアップでの最後の日

ICOIN 2015 という学会で 2 件の発表をするために,カンボジアのシェムリアップ (Siem Reap) にいった. 帰国する日,最後にみたのは廃墟の寺にまとわりつく生木が多数あるタ・プロムと,ひろくてアプローチが多様なプリヤ・カーンという 2 つの寺,そして Phnom Bakheng という山のうえにある寺だ. Phnom Bakheng はまえの 2 つの寺をみたあとにまだすこし時間があったので,TukTuk の運転手のすすめでいった.

タ・プロムは塀にかこまれているが,TukTuk はその外にとまる. 東側からはいり,西側にぬけた.寺のあとにおおきな木がはえ,建物にたくさんの木がからみついているところに特徴がある. それほどひろくはないが,TukTuk をおりたところからは数分あるいた.

P1151209_edited-1.jpg P1151242_edited-1.jpg

遺跡だけならいわゆる廃墟にちかいが,生木があることでそこに “生” もある.

P1151252_edited-1.jpg P1151261_edited-1.jpg

P1151275_edited-1.jpg P1151286_edited-1.jpg

IMG_0245_edited-1.jpg IMG_0247_edited-1.jpg

IMG_0248_edited-1.jpg IMG_0249_edited-1.jpg

IMG_0254_edited-1.jpg IMG_0257_edited-2.jpg

IMG_0261_edited-1.jpg IMG_0262_edited-1.jpg

IMG_0263_edited-1.jpg

IMG_0280_edited-1.jpg IMG_0281_edited-1.jpg

反対側にぬけて TukTuk 屋をさがしたが,すぐにはみつからなかった. それほどひろい場所ではなかったが,TukTuk 屋がたくさんいる. しばらくしてその TukTuk 屋が声をかけてきた. Kanada となのったので Kanada とよばれる. もうすこしちがう呼び名にしておけばよかったとおもった.

つぎはプリヤ・カーンだ. そこにいきつくまでに,まず,きのうきたアンコール・トムの一部をとおっていたった. 左下の写真はその東門だ.

IMG_0286_edited-1.jpg IMG_0287_edited-1.jpg

つぎの 2 つの写真は途中の寺や木だ.

IMG_0289_edited-1.jpg IMG_0293_edited-1.jpg

道の両側に石像がならんでいるところがあるが,ここではほとんどの石像の頭がない. 一部は修復されているが,ほとんどはこわれたままだ.

プリヤ・カーンは塀の内側がタ・プロムよりすこしひろい. しかも,中央の建物までのあいだに門を何度もとおる.

IMG_0296_edited-1.jpg IMG_0298_edited-1.jpg

IMG_0301_edited-1.jpg IMG_0314_edited-1.jpg

そのうち TukTuk は西門のそばにとまる. 今度はおなじ場所でまっているという.

ひろいので,あるくと建物までいくのに数分かかる. 最初のあたりには灯篭のようなものがある. ただし,あかりがついているわけではない. 石像もあるが,それらは石像は石をつみかさねてつくっている. 右下の石像は不安定そうにみえるが,長年の風雨にたえてきたのだろう.

IMG_0315_edited-1.jpg IMG_0317_edited-1.jpg

途中では地雷にやられたひとによる楽器演奏 (寄付をもとめる) をしている (写真はとらなかった).

IMG_0319_edited-1.jpg IMG_0320_edited-1.jpg

さらに門をくぐっていくと,やがてたてもののまえにきた.

IMG_0326_edited-1.jpg IMG_0327_edited-1.jpg

IMG_0334_edited-1.jpg IMG_0338_edited-1.jpg

ここでは,いつのまにか大学生くらいの男がついてきて,写真をとるのによい場所を紹介してくれた. かんがえていることは想像がつくし,写真は勝手にとればよいのだが,とりあえず彼にしたがった.

IMG_0339_edited-1.jpg IMG_0341_edited-1.jpg

IMG_0342_edited-1.jpg IMG_0343_edited-1.jpg

ここにも,塀などにまとわりつく木が数本ある.

IMG_0344_edited-1.jpg IMG_0354_edited-1.jpg

IMG_0365_edited-1.jpg IMG_0366_edited-1.jpg

彼が指定するままに,しばらく写真をとっていった. その写真はこれで全部ではない. つぎの,たてものにあいたあなからとった写真 (これも彼の指定) はわるくないとおもう.

IMG_0369_edited-1.jpg IMG_0372_edited-1.jpg

彼の「仕事」はこのあたりでおわった. 2 ドルわたそうとすると,それではすくないという. しかたがないので 5 ドル札をわたしたが,さらにもう 1 ドルくれという. ことわることもできたが,私にとっての 1 ドルと彼にとっての 1 ドルの価値はあまりにちがうので,交渉となると彼のほうがつよい. 結局,言い値ではらうことになった. それでも,きのうの男の子にくらべるとおとなしいといえる.

彼が去ったあと,さらにしばらくあるき,写真をとった.

IMG_0380_edited-1.jpg IMG_0396_edited-1.jpg

IMG_0399_edited-1.jpg IMG_0408_edited-1.jpg

そして,プリヤ・カーンからでることにした. TukTuk の運転手をみつけて,どこにいくかを相談する. タ・プロムのちかくの寺,もっととおくの寺などを案としてしめしたうえで,おすすめをきいてみた. はやくかえりたいから,すぐにホテルにもいける場所をえらぶのだろう. アンコール・トムの南にある山とそのうえの寺がかれのすすめだ. そこにいってみることにした.

IMG_0428_edited-1.jpg IMG_0429_edited-1.jpg

あるいて山にのぼっていく. 途中にはちかくの寺や景色の展望台があるが,木に邪魔されて肝心のものはみえない. さらにしばらくいくと,建物がみえてきた.

IMG_0432_edited-1.jpg IMG_0438_edited-1.jpg

IMG_0440_edited-1.jpg IMG_0445_edited-1.jpg

もとはもっと建物があったのだとおもうが,いまはわずかしかのこっていない. なかにはいってみるべきたてものはなかった.

IMG_0446_edited-1.jpg IMG_0447_edited-1.jpg

IMG_0457_edited-1.jpg IMG_0463_edited-1.jpg

たてもののうらにはいくつかのものがのこされている. そのなかのひとつが,つぎの右の写真だ. これは釈迦のあしあとだという.

IMG_0465_edited-2.jpg IMG_0475_edited-1.jpg

ここでは象にのることができるようだ. 右下の写真の台で象に乗降する.

IMG_0479_edited-1.jpg IMG_0481_edited-1.jpg

まだあかるいうちに下山した. 私がのぼったときにはひとはまばらだったが,いまはのぼってくるひとが多数いる. TukTuk の運転手からここは夕日がみものだときいていたが,それをみにきたひとだろう. もうしばらく山上にいればよかったかとおもったが,そのままおりてしまった.

IMG_0484_edited-1.jpg

あとはホテルでにもつをひろって,TukTuk で空港にいき,帰国するだけだ.

関連項目:

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/6917

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type