[ トップページ ]
観光・旅行・出張:散歩・まちあるき, 地理・地域:東・南アジア, 観光・旅行・出張:海外旅行・出張

シェムリアップのダウンタウン散策

ICOIN 2015 という学会で 2 件の発表をするために,カンボジアのシェムリアップ (Siem Reap) にきた. 最後の日はフライトの時刻まで,まずダウンタウンを散策し,きのうみなかった寺院を 3 つほどみてから,はやめに空港にいった. ダウンタウンへはホテルからあるいていく. 場所によってあつまっている店の種類はちがうが,それほど変化のあるまちというわけではない.

最初にいった国立博物館をみおわったあと,買ってあったバナナをロイヤル・ガーデンでたべて,さらに南にいった. そこに宮殿があり,そのまえに現国王らしきひとと前国王のシアヌークらの写真がある.

RoyalCambodia.jpg P1151050_edited-1.jpg

シバサ・ロードという道をとおってダウンタウンにいこうとかんがえていたのだが,宮殿のところで西にまがり,空港への道をしばらくあるいた. すぐに南にまがればよかったのだが,かなりいきすぎてから,まがるべきだったことに気づいた. もどってシバサ・ロードを南下していく.

P1151061_edited-1.jpg P1151064_edited-1.jpg

とまっているホテル周辺にはほとんどない両替屋もある. しかし,1000 リエル = quarter とわかってみると,ドルからの両替の必要はあまりないようにおもえる. カンボジア人と外国人とではものの値段がちがうようだが,どちらの通貨をもっているかでちがうわけではないようだからだ.

やがて川のそばにでる. シェムリアップ川には部分的に屋根のある橋がかかっている.

P1151079_edited-1.jpg P1151082_edited-1.jpg

あわせて周辺のものを写真にとる.

P1151086_edited-1.jpg P1151087_edited-1.jpg

P1151089_edited-1.jpg P1151091_edited-1.jpg

ここからもっとちいさいいろいろな道をとおりながら,徐々に北にすすんでいく. つまりホテルにちかづいていく.

P1151097_edited-1.jpg P1151098_edited-1.jpg

シェムリアップでは (カンボジアでは?) 値段が書いてないレストランが多いが,このあたりは外国人を相手にしているからだろう,おもてに値段つきのメニューをだしている店が多い.

P1151099_edited-1.jpg P1151103_edited-1.jpg

水槽にちいさなさかながはいっているのでなんだろうとおもうと,Dr. Fish つまり皮膚についたあかをたべてくれるというさかななのだった.

P1151106_edited-1.jpg P1151107_edited-1.jpg

川には水車がある. 単なるかざりかとおもったが,ほかの場所でもおなじような水車をみた. 過去には機能していたのだろう.

P1151110_edited-1.jpg

Pub Street というとおりがあるが,Pub らしき雰囲気の店は 1 軒しかみあたらない. しかし,ここが特別な道であるというように,道もかざりたてられている.

P1151113_edited-1.jpg P1151114_edited-1.jpg

べつの道には日本語が書かれた旅行代理店もある.

P1151120_edited-1.jpg

ダウンタウンをあるいているうちに,きのうの TukTuk 屋に会った. ホテルまであるくというと,すこしおどろいたような顔をした. しかし,きのう予約したとおり,1 時にホテルにくるように再度言った.

スーパーマーケットでみやげものを買った. 最初は箱いりの菓子に目がいったが,それはたかい. 箱をみても産地が書いてないから,それは輸入品なのだろう. しばらくみているとカンポジア産品の棚があった. そこにあるのはおもにドライ・フルーツだ. クッキーもあるし,輸入品よりかなりやすいが,手がでなかった. というわけで,みやげものとしてはとりあえずドライ・フルーツ類ばかりを買った. バナナ,マンゴー,ココナッツ,などなど. すこしかわっているのはタロイモのスライス (下の最後の写真),これはおいしいかどうかわからないが,ともかく買ってみた.

IMG_0488.jpg

IMG_0487.jpg IMG_0490.jpg

関連項目:

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/6915

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type