[ トップページ ]
地理・地域:中国, 観光・旅行・出張:海外旅行・出張

北京での学会終了翌日の観光 -- かぞえられない民族をあつかった民族博物館,やっとみた天安門,ほか

学会がはじまるはずの日に公園や故宮を中心に観光したが,学会終了後の土曜日には建物やまちを観光した. オリンピック公園方面にいくのに,途中にある民族博物館をとおりぬけていこうとしたが,90 元もはらったので,かなり時間をかけてみてしまった. さらに,オリンピック公園周辺もまだ APEC の体制がとけていないので,おもうようにいけず,時間がかかった. そのため,みる場所はかなりかぎられてしまった.

北京オリンピックがひらかれた鳥の巣とそのとなりにある水宮をひとつの目標にした. まず地下鉄で,とまっているホテルのそばの駅から北土城という駅までいき,そこから北にむかってあるく. しかし,道をあるくだけではおもしろくないので,地図では公園らしく書いているところをとおっていこうとかんがえた. その南端にいってみると,それは民族博物館だった. 入園に 90 元もかかる. ちょっとまよったが,はいることにした. 中国には少数民族までいれると何 10 という民族が住んでいる. それらをあわせて紹介しようとしている. 衣装や小道具,武器なども展示されているが,建物や実演などが中心のようだ. 敷地はひろいが,何 10 の建物をたてるには十分でない. かなり人工的な展示になってしまっている.

IMG_9270_edited-1.jpg IMG_9271_edited-1.jpg

IMG_9278_edited-1.jpg IMG_9279_edited-1.jpg

IMG_9289_edited-1.jpg IMG_9293_edited-1.jpg

IMG_9296_edited-1.jpg IMG_9304_edited-1.jpg

IMG_9330_edited-1.jpg IMG_9331_edited-1.jpg

IMG_9338_edited-1.jpg IMG_9339_edited-1.jpg

IMG_9343_edited-1.jpg IMG_9353_edited-1.jpg

IMG_9355_edited-1.jpg IMG_9356_edited-1.jpg

IMG_9372_edited-1.jpg IMG_9378_edited-1.jpg

民族博物館は道で南北に分断されているが,北端には出口がない. しかたがないので民博を分断している道にぬける. そこにショッピング・センタがあるのはさいわいだ. そこにはいって,菓子などのみやげを買った. ついでに家電売場などもみてみる. 家電はほとんど中国製だ. 日本のメーカのものはないし,韓国のものもない. 最近までは Samsung などがシェアをもっていたはずだが,いまやショッピング・センタで売れるものではなくなったのだろう.

そこからオリンピック会場だった鳥の巣にいこうとするが,途中でとめられた. そこには APEC という文字がいくつもある. もうおわったはずだが,まだ規制がつづいているようだ.

IMG_9412_edited-1.jpg IMG_9410_edited-1.jpg

とおまわりして,もうすこしちかくまでいってみる. 鳥の巣はだいたい全体を写真におさめることができたが,すこしとおい. きのうまでは APEC 規制によるきれいな空気がのこっていたが,きょうはだいぶかすんでいる. そして,水宮のほうはここからはよくみえない.

IMG_9424_edited-1.jpg IMG_9430_edited-1.jpg

1 本西の道路までいってみた. ここが水宮の正面であり,よくみえる. 泡のひとつひとつに建物の内側か,または鳥の巣らしきものがうつっている.

IMG_9427_edited-1.jpg IMG_9434_edited-1.jpg

IMG_9439_edited-1.jpg IMG_9441_edited-1.jpg

水宮のとなりには国家体育館なるものがある. しかし,その西側にはそれよりだいぶ高い建物でじゃまされている. バランスのわるいたてかただとおもうが,あとでそれが 「数字北京」 なるディジタル技術研究開発施設であることがわかった. また,体育館の北側には,国家体育館の表示とともに演劇中心 (京劇センタ) という表示もある. これはどういうこと?

IMG_9444_edited-1.jpg IMG_9446_edited-1.jpg

鳥の巣と水宮をはさむ道は封鎖されているが,その封鎖は国家体育館の北でおわっている. そこからさきは公園であり,龍水路とかいうものがある. これは龍のあたまのような池と水路がつながったものだが,あたまはまだだいぶ北のほうにあるので,みなかった. 公園の中にショッピング・センタがある. 龍水路の地下にひろがっている. そこにもはいってみたが,もはやめぼしいものはなかった.

IMG_9455_edited-1.jpg IMG_9459_edited-1.jpg

IMG_9466_edited-1.jpg IMG_9472_edited-1.jpg

そこからふたたび地下鉄にのって,いったんホテルにもどった. 昼食のあいだに iPhone を充電するためだ. 写真をとりつづけると 1 日はもたない.

昼食は最初の夕食ではいった店で串焼きをたのもうとおもってはいった. ところが,壁にでかでかと書いてあるにもかかわらず,いまは串焼きはできないらしい (中国語なのでわからないが,そういっているようにみえた). しかたがないので,ごはんもの 1 品だけにした. はいっているものは,よくわからないので,書きようがない. 甘いみそのようなものに赤くてやわらかい野菜のようなものがはいっているが,きくこともできない. 味はもっとうすいほうがよいが,まあいいだろう. 写真をとっておけばあとでしらべられるかもしれないが,iPhone をおいてきたので,それもできない.

昼食後,今度は前回いけなかった天安門をめざす. 前回は天安門西から天安門周辺がみわたせず,とりあえずあきらめてしまった. おなじことをしてもしかたがないので,今度は天安門東で地下鉄をおりてみた. ここからだと天安門もみえるし,広場もみえる. 天安門の写真をとりながらちかづき,くぐった.

IMG_9480_edited-1.jpg IMG_9486_edited-1.jpg

IMG_9487_edited-1.jpg IMG_9491_edited-1.jpg

IMG_9495_edited-1.jpg IMG_9496_edited-1.jpg

さらに門をくぐっていくと,故宮博物館のまえにでた. きょうはここにははいらずに,東にぬける. ふたたび天安門前の道をめざす. そこ (故宮の東の道) には多数のみやげもの屋がならんでいる. みやげとしてめだつのは焼鴨だ. これはショッピング・センタでも目についていたが,買いたいとおもった.

つぎの目標は CCTV (中国中央電子台) のビルだ. そのビルはこの東西にのびる道のそばにあり,かつ東三x という南北に天安門前のみちをしばらく東にすすむ. その途中,王府井と東単という駅のあいだにおおきなショッピング・モールがあり,そこをとおりぬけながらみた. そのレストラン街は魅力的にみえた. 鴨料理の店も魅力的だが,フードコートでいろいろたべるのがよさそうだ. しかし,時刻は 4 時すぎだ. 食事にははやい. あとでそこにもどってくるのがよいとかんがえた.

IMG_9521_edited-1.jpg IMG_9525_edited-1.jpg

CCTV のビルまでずっとあるいていくと,くらくなりそうだ. そこで,東単のつぎの駅,建国門から地下鉄で目標の国貿駅までいく. CCTV のビルはそこからみえた. ちかくまでいってみたが,それでもきょうはかすんでみえた. ふだんはもっとかすんでいるらしい.

IMG_9551_edited-1.jpg IMG_9553_edited-1.jpg

予定どおり東単にもどった.

IMG_9559_edited-1.jpg IMG_9565_edited-1.jpg

フードコートでまずビールと小物 2 品をたのんだ. 現金ではらおうとしたが,ここではまずプリペイド・カードを買わなければならない. デポジット 10 元とほかに 40 元だが,それだけではつぎの注文ができないので,さらに 20 元加算した. 刀削麺の焼きそばに 20 元をはらった. やきあがるまでに時間がかかるので,そのあいだ麺をけずるところなどをみていた. 1 m ちかくある麺のかたまりを小刀のようなものでけずって,湯のなかにおとしていく. その店では野菜もいろいろとりそろえていた. 値段をきくと 9 元だという. もはや 9 元はのこっていなかったので,あきらめた. どっちみちあとでのこりの金はかえしてもらうのだから,もっとカードにいれておけばよかった.

まだ 7 時にはならないが,あとはホテルにかえるだけだ.

関連項目

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/6867

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type