[ トップページ ]
地理・地域:中国, 観光・旅行・出張:海外旅行・出張

大連での 1 日めの観光 ― ホテルから大連駅までの徒歩

BIT 3D という会議で発表するために中国の大連にやってきた. 大連空港には全日空機で 12 時くらいについた.

時間がかかったホテルにチェックインがおわると,まちにでかけた. もう 3 時くらいなので時間はかぎられているが,一応,大連駅をめざしていくことにした. あるいても 2 時間以内にはつけるはずだ. というわけで,いつものようにあるいていくことにした.

ホテルがあるビルは川のそばの道に面している. その道をしばらく北上し,最初の橋 (勝利路という道) をとおって東にむかう. その道にはあまりめぼしいものがないので,太原街という道をとおってすこし北にいく. やがてすこしにぎわっている場所にでた.

IMG_6978.jpg IMG_6989.jpg

さらにしばらくいき,地下にあるマーケットをのぞいた. 野菜,肉,さかな,その他いろいろ売っている. 肉はテーブルに直接のせて売っている. ポーランドでもみた風景だが,日本人にはすこし異様だ (左下の写真).

IMG_7004.jpg IMG_7005.jpg

そのうち中山公園という公園にでたので,はいってみた.

IMG_7006.jpg IMG_7014.jpg

2 箇所でのどじまんのようなことをやっていた. ひとつは男,もうひとつは女がうたっていた. たしかに,声はいい. うたうひとのまわりに人垣ができている.

IMG_7018.jpg IMG_7019.jpg

公園のなかにうちすてられた寺らしきものがある. 屋上には仏像が 2 体あるようだ (右上の写真). ちょっと気になるので正面にまわってみる. うえにいけるようなので,すこしいってみた. 階段の中央にはかざりがある. くずれたままになっている部分もある一方で,門はきれいに整備されている. 仏像のことはすでにわすれていたので,あまり奥までははいらなかった.

IMG_7020.jpg IMG_7024.jpg

IMG_7026.jpg IMG_7027.jpg

IMG_7028.jpg IMG_7032.jpg

IMG_7034.jpg IMG_7036.jpg

気になる建物などを写真にとりながら,駅のほうをめざす. このあたりでめだつ店は Acasia なんとかいう店だ. アカシアがついているということは,大連の資本なのだろう.

IMG_7048.jpg IMG_7050.jpg

IMG_7053.jpg IMG_7055.jpg

IMG_7056.jpg IMG_7059.jpg

駅の西の一角にはふるい建物がのこっている部分がある. スラムのようにみえる.

IMG_7066.jpg IMG_7067.jpg

IMG_7081.jpg IMG_7089.jpg

その北側は路面電車の道だ. この線路は駅をとおっているが,その西端は興工街という場所だ. そこで南にいく路面電車に接続している. その電車は会展中心という,学会会場そばをとおる. しかし,のりかえが必要なのであまり便利とはいえない.

IMG_7094.jpg

途中でおおきな広告看板をみたが,圧縮された JPEG の写真をおおきくひきのばしているので,文字などのはしがにじんでいる. こんな見づらい看板は日本ではみることはない.

IMG_7105.jpg DalianAd.jpg

やがて駅についた. 駅にはいってみようとおもったが,入口にはセキュリティ・チェックがあり,めんどうなのでやめた. 駅のセキュリティ・チェックはインドのバンガロールでもあったが,ほんとうに必要なのだろうか?

IMG_7113.jpg IMG_7114.jpg

IMG_7115.jpg IMG_7117.jpg

駅のちかくの Acasia のフードコートで夕食をたべた. 昼にたくさんたべたので,今度は軽くした. 鴨の血をかためたものがはいった麺にした. 写真をとるのはわすれたが,血は寒天でかためられていて,あまり味はない. 麺ははるさめのようだ.

駅のまわりをみわたし,地下におりてみる. 学習用品もある. 金庫もある. 金縁がついている. PC やスマートフォンのうりばもある. ここは地下ではなくて地上階のつもりらしいが,いずれにしてもひろくて途方にくれる. 案内板がなければ自分がどこにいるかわからないだろう.

IMG_7135.jpg IMG_7134.jpg

IMG_7136.jpg IMG_7139.jpg

最下階までみとおせる吹き抜けもある. 地下 3 階には飲食街がある. ここはつかえそうだ. さきにここをみつけていれば,夕食をここでたべただろう.

IMG_7141.jpg IMG_7145.jpg

IMG_7146.jpg IMG_7157_edited-1.jpg

そとにでると,もうまっくらになっていた. 駅から路面電車でかえるつもりでいたが,バス停にながい列ができているのでみると,そのパスは会展中心をとおるのだった. のりかえなしでいけるのはよい. そのバスにのることにした.

ところが,バスのおりかたがわからない. 運転手はつぎのバス停を大声で案内しているようだ. 会展中心あたりではまだおりる乗客もすくないが,おりる乗客も大声でこたえている. しかし,中国語ができない私にはそんなことはできない. 停車ボタンも一応あるのだが,機能しない. 運転手におりたいといったつもりだが,通じない. 結局,かなりさきのバス停でおりることになった. そこでは大声をだす乗客もいないのにとまった理由もわからないが,ともかくほかの乗客につづいておりた.

さいわい,まだそれほどとおくへはきていない. 西南路というみちのすぐ西に,長い平屋の建物のなかに飲食店が南北にならんだところがあった. いろいろな麺などがあり,たべてみたいが,きょうはもういい. しかも,もうここにくることはないだろう.

ふたたびバスや路面電車がとおる中山路にもどり,そこをあるいていく. あるいていくあいだに会展中心方向の路面電車がとおったという記憶がない. ともかく,ようやくホテルにたどりついた.

関連項目

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/6768

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type