[ トップページ ]
DIY (日曜大工) とものづくり・実験:3 次元印刷 (3D printing)・CAD

3D 印刷によるうずまきや格子などのパターン

3D 印刷でさまざまなパターンをつくってみている. ここでは四角い "うずまき",格子,波形,四角形をならべたパターンなどについて書く.

最初のパターン (左下の写真) は四角いうずまきだ. 円にちかいかたちにしない理由は,四角のほうが G-code を生成するプログラムが容易なこと,四角形を充填できるようにすること,そして高速に印刷できることだ. カラーでとった写真だが,自動補正がうまくできずに青くなってしまうので,モノクロにしている. 各パターンは中央から印刷しはじめている. 最初はプログラムがすこしおかしかったので,よくみると中央がただしいうずまきになっていないものがある. 密度やふとさも 2 種類かえて印刷している. ふといほうがうずまきだということが明確にわかる.

RIMG3552_edited-1.jpg

つぎ (左下の写真) は波形とその変形だ. 波形といっても,これもサイン・カーブではなくて直線にしている. これもプログラムの容易さと印刷高速さのためだ. 層ごとに振幅をかえているものもあるが,あまりはっきりしない. 直線なので,層ごとに位相を逆転させると格子になってしまう. 波をむかいあわせにしようとして失敗しているものもある (成功するまでデバグしなかった). 写真の 2 行 1 列の位置にあるものは振幅をランダムにかえている. ランダムにかえるよりは,振幅でなにかを表現するほうがおもしろいかもしれない.

RIMG3554_edited-1.jpg RIMG3555_edited-1.jpg

右上の写真も波のパターンのつづきだ. 層ごとに位相を 90° かえたものと,180° かえたものつまりななめの格子だ.

つぎの写真は水平の格子だ. 左端のものはフィラメントによる 「よごれ」 が比較的すくなくなるようにしているが,それでもよごれている. あとの 2 つは印刷方向を一定にしているので,毎回パターンをヘッドがよこぎるときに,よごれてしまう.

RIMG3556_edited-1.jpg RIMG3558_edited-1.jpg

最後の写真は四角形をならべたパターンだ. 上の 3 つはそれを整然とならべているが,下のは四角形のおおきさと位置とをランダムにきめている. ランダム・ウォークと同様に,かたよりが生じて,構造体としてつかうのは困難だ. 整然とならべるときは 1 行 3 列のもののように,印刷順序などをくふうして,よごれをへらすことができる. しかし,ランダムな場合はよごれをへらすのがむずかしい. ここではなにも対策をしていないので,よごれがめだっている.

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/6636

コメントを投稿

dasyn_1101-25

方向指定 3D デザイン・印刷技術を使用してつくったこのような作品を デイシン Yahoo! Japan ショップで売っています.

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type