[ トップページ ]
DIY (日曜大工) とものづくり・実験:3 次元印刷 (3D printing)・CAD

3D プリンタがどんどん値上げされる理由 ?!

たいていの 3D プリンタは version up するたびにかなり大幅に値上げされている. 有名な Replicator もそうだが,たとえば Solidoodle は最初は 399 ドルだったと記憶しているが,Solidoodle 2 は 499 ドル,Solidoodle 3 は 799 ドルだという. たかくしても売れるというのもひとつの理由だろうが,サポートにコストがかかるのが最大の理由なのではないだろうか.

3D プリンタはしろうとがマニュアルだけみて操作できるような完成されたものではない. いろいろ調整が必要だし,たぶん修理も必要になる. それに必要な知識はマニュアルだけではたりないし,それを全部自分でやれるユーザはかぎられているだろう. だから,おおくのばあいにメーカー・サポートが必要になるにちがいない. マニュアルにないことがおこったのなら無償サボートが必要になるだろうし,有償サポートでもかかった費用をすべてユーザに請求できないだろうから,そのぶんは価格にうわのせしなければならないだろう.

というわけで,3D プリンタの構成部品はやすいが,だからといってやすく売ることはできないだろう. ソフトウェアがもっと精巧になればべつかもしれないが…

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/6547

コメントを投稿

dasyn_1101-25

方向指定 3D デザイン・印刷技術を使用してつくったこのような作品を デイシン Yahoo! Japan ショップで売っています.

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type