[ トップページ ]
生活:食品・料理と嗜好

レギュラー・コーヒーより安定した品質のネスカフェ

最近,ネスカフェの製法がかわったときいた. 私自身はレギュラーをいれているが,母のためにゴールドブレンドを買ったので,それをためしてみた. たしかに,うまくかおりがとじこめられていて,レギュラーにおとらない. レギュラーにはもちろんよいところがあるが,なかなか安定した味とかおりを維持することができない. インスタントのよいところは品質が安定しているところだ. 安定して高品質ならば,魅力がある.

最近,インスタント・コーヒーをのむ機会はかぎらている. 自分でいれることはないが,会社でサービスされると飲んで,レギュラーに匹敵するものではないと感じていた. しかし,あらたに買ったゴールドブレンドはわるくない. ブルックスのドリップはうまくいれられればこのゴールドブレンドよりよいが,安定した味とかおりを維持することが私にはできない. うまくいれられないことがしばしばある.

1 杯ごとにパックされたドリップなら豆の量は一定だし,温度も油量もほぼ一定にしているのだが,それでもできぐあいは不安定だ. 理由はよくわからない. インスタントは自分で買ったわけではないから 1 回しかためしていないが,これは計量をまちがえなければ安定した味とかおりをだすことができるだろう. いつもおなじということはつまらないということでもあるが,手間をかけずに一定の品質が維持できるのはわるくない.

追記:
ブルックスのモカをいれたところなのだが,ちょっとうすかった. 濃ければうすめることができるが,レギュラー・コーヒーがうすすぎたときには,どうしようもない. インスタントのよいところは,うすすぎたら粉をたせばよいということだ. これもレギュラーにはできないわざだ.

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/6490

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type