[ トップページ ]
数学・計算・情報学・プログラミング:人工知能・複雑系と人工生命, 書評:数学・計算・情報学・プログラミング

ディープブルーに負けたカスパロフはもっとも人間らしくみえた

牧野 武文 著 「機械との心理戦に敗れたチェス世界チャンプ ― カスパロフとディープブルー」 を読んで,ディープブルーにやぶれたカスパロフのなさけない表情をテレビでみたことをおもいだした. そのとき,これこそが人間と機械との最大のちがいだとおもった.

コンピュータはチェスで人間に勝つことができた. しかし,カスパロフはディープブルーに勝てるだけのちからをもちながら,人間であるゆえによわさをみせ,ディープブルーにやぶれた. 最近はコンピュータに感情をもたせようという研究もいろいろおこなわれているが,こういう人間らしい感情をもつことは 100 年たってもできないのではないだろうか? こういう本を読んだりすると,いまでも当時の感慨をおもいだす.

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/6386

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type