[ トップページ ]
DIY (日曜大工) とものづくり・実験:3 次元印刷 (3D printing)・CAD

Extruder の温度をかえながらの Printrbot+ での印刷

冷却ファンがない状態で,extruder の温度をかえながらおなじオブジェクトを印刷してみた. 表示温度 235 ℃ (実際は 260 ℃くらい ?) から 205 ℃ までためしたが,205 ℃ のときがもっとも品質はよかった.

あまりフィラメントをつかうのはもったいないので,ちいさなビスでためしてみた. 温度がうまくはかれていないので実際の温度はわからないが,hot end のサーミスタに 300 Ω くらいの抵抗をいれた状態で設定温度 235 ℃ にするとフィラメンドかやわらかくなりすぎて,必要以上にながれだしてしまう (だから,実際には 260 ℃ くらいになっているはずだ). さらに温度をあげると,けむりがでてくる. そこで,230 ℃ からはじめて 205 ℃ までためした. 200 ℃ ではフィラメントがうまくとけず,印刷できなかった.

235 ℃ のときは,みているとノズルで粘土をこねているような状態になり,精度はわるい. 温度をさげるにつれて,かたちは正確になってくる. 205 ℃ のときがネジのあたまのかたちはもっとも正確だ. ただし,ネジのさきのほうは,すこしひげがはえたようになっているところもある. もうすこしたかい温度のほうがよいかもしれない. 冷却ファンをつければ,それでもひやせるだろう.

RIMG1296.jpg

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/6156

コメントを投稿

dasyn_1101-25

方向指定 3D デザイン・印刷技術を使用してつくったこのような作品を デイシン Yahoo! Japan ショップで売っています.

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type