[ トップページ ]
政治・法律・憲法, セキュリティ・安全・安心と秘密・プライバシー保護:災害・混合汚染・公害と不安感

原子力規制委員会を迅速な審査が可能な体制にせよ !

原子炉の再稼働ができなければ電力が高騰し日本の産業に深刻な影響をあたえる状況であるにもかかわらず,原子力規制委員会で再稼働のための条件をあきらかにするのに時間がかかっている. すみやかに再稼働の条件をあきらかにするためには,原子力規制委員会に関して,委員会というものに関する常識をやぶる改革をする必要があるだろう.

原子力規制委員会で原発の安全性を確認するのに時間がかかり,再稼働に 3 年以上かかると委員長はいっている. 再稼働しなければ電力が高騰し,日本の産業に深刻な影響をあたえる状況であるにもかかわらず,再稼働のための条件をあきらかにすることもできないまま時間がたってしまうのでは,日本はますます危機的な状況になっていくだろう.

時間がかかるのは,委員会というものがもともと時間をかけて結論をだす体制になっているからだろう. 委員はほかに職をもち,ときどきあつまっては議論をする. 規制委員会では調査が必要だから,さらに各原子炉ごとの審査に時間がかかる. 全国の原子炉に対して一律の基準を適用するためには,人数をふやして原子炉ごとにべつのひとをあてるのは適切でないのだろう. それなら,内閣などの組織のように,委員を専任にして時間を確保するような体制をとる必要があるのではないだろうか.

東日本大震災後につくられた復興委員会に関しても,なかなか議論がすすまないことが批判されていた. 委員も官僚も迅速に結論をだすために最善の努力をしていたとおもうが,そこには委員会というものの限界があるだろう.

通常のときならそんな体制は必要ないが,原発が再稼働できないことが日本の経済に大打撃をあたえる状況においては,特別の対策が必要なのではないだろうか

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/6069

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type