[ トップページ ]
書評:仕事と起業, 仕事と起業, 書評:社会・経済, 社会・経済:若年者問題・ワーキングプア・プレカリアート

感覚的な議論でピンとこない ― 大野 正和 著 「自己愛 (わがまま) 化する仕事 ― メランコからナルシスへ」

日本人の古典的な仕事倫理を 「メランコ」 とよび,それにかわって最近台頭してきたものを 「ナルシス」 と呼んでいる. 能力主義とメランコとが対応し,成果主義とナルシスとが対応するのだという. わからなくはないが,感覚的に論じているだけであり,感覚を共有しないものにはピンとこない. もっときちんと論証する必要があるだろう.

評価: ★★☆☆☆

関連リンク: 自己愛化する仕事@Amazon.co.jp

注記: Amazon.co.jp書評 に投稿しています.

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/6012

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type