[ トップページ ]
書評, Web とインターネット:電子書籍: Kindle (キンドル)

ガラクタばかりの日本の Kindle 本

Amazon.co.jp でも Kindle 本を出版できるようになった. さっそく個人で出版するひとがつぎつぎにあらわれているのだが,その大半はガラクタだ. こんな本で Amazon.co.jp がうめつくされたら,ほとんどのひとはうんざりして,Kindle 本にはちかづかなくなるだろう. またしても電子書籍は失敗を運命づけられているのだろうか? あるいはアマゾンは失敗して,すでにある程度の成功をおさめている携帯会社がさらに成功するのだろうか?

紙の本は出版社や書店がフィルタをかけることで,ある程度の品質がたもたれていた. しかし,Kindle 本は個人で出版できるから,いくらでもガラクタを売ることができる. Kindle 本が古典的な 「本」 としての品格ないし威厳をもつなら,そんなにかんたんにガラクタを売ることはできないだろう. アメリカでそれが成功したのは,出版社が積極的に Kindle 本をだし,品格や威厳がたもたれたからではないだろうか?

しかし,日本では紙の本にも品格や威厳は感じられなくなっている. さらには,Kindle 本となると,それを出版しようとするひとには,ほとんど Web ページに毛がはえたものくらいにしか感じられていないのだろう. すでに Amazon.co.jp の Kindle セクションははガラクタでうめつくされた感がある. これでは,さきがおもいやられる.

私も Kindle 本をだそうとかんがえているが,品質に気をくばったとしても,ガラクタ本のなかにうまってしまうだけかもしれない.

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/6023

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type