[ トップページ ]
観光・旅行・出張:散歩・まちあるき, 地理・地域:東・南アジア, 観光・旅行・出張:海外旅行・出張

シンガポールのマリーナ・サウス付近の徒歩旅行

学会発表のためシンガポールに出張した. 到着した翌日は時間に余裕があったので,チャイナタウンおよびマリーナ・サウス公園方面に walking tour をこころみた. チャイナタウンからマリーナ・サウスへは数 km の距離があるが,途中にもみたいものがあるから,あるいていった. 雑誌などでよくみかける木のようなモニュメントをみて,また,ほかにもさまざまな庭園,彫刻などをみた. 博物館などもあるが,そのなかにははいってみなかった.

チャイナタウンから東にむかってあるいていくと,いくつかの建物が目にとまる.

DSCF1692_edited.jpg DSCF1693_edited.jpg

ここでも工事中のところが目につく.

DSCF1694_edited.jpg DSCF1697_edited.jpg

美術館のまえには彫像がある.

DSCF1699_edited.jpg DSCF1700_edited.jpg

まもなく市の中心部にいきつく. なるべく北のほうにいきたいとかんがえていたが,ほとんど南端をあるくようなことになってしまった. だから,市の中心といってもその南端のところ,URA Center なる建物にはいってみた. ここには 2008 年にきめられたらしいシンガポールの都市計画が展示されている. コンペの作品の紹介,模型などがある. 主要な図面が何 10 枚もならべて展示されている.

DSCF1706_edited.jpg DSCF1719_edited.jpg

DSCF1708_edited.jpg DSCF1709_edited.jpg

DSCF1713_edited.jpg DSCF1715_edited.jpg

DSCF1717_edited.jpg

最新の高層建築が多数ある一方で,シンガポールにはいまでもコロニアル様式の建物もおおい. とおりかかったそういう建物の写真をなんまいかならべてみる. 観音びらきの戸はどこにでもあるが,ここには 3 枚に折れる窓の戸がよくある.

DSCF1726_edited.jpg DSCF1727_edited.jpg

DSCF1722_edited.jpg DSCF1724_edited.jpg

いよいよ中心街をはずれて,マリーナにむかうみちにはいった. サウス・マリーナには工事中の場所がおおくて,とおれないみちもある. 迂回しつつ,そちらにむかった.

DSCF1731_edited.jpg

途中にある建築中のビルは,警察署と消防署だった.

DSCF1735_edited.jpg DSCF1736_edited.jpg

ここで,有名な 3 連ビル 「マリーナ・ベイ・サンズ」 がみえてきた. まだかなり,とおい. かすんでみえるが,写真ではよくわからないかもしれない.

DSCF1738_edited.jpg

工事中の写真ものせておく. まだこの道の南側はほとんどできていないが,いずれは高層ビルがたつのだろう.

DSCF1739_edited.jpg DSCF1743_edited.jpg

しだいに,3 連ビルとその周辺の施設がみえてくる.

DSCF1746_edited.jpg

ようやくマリーナ・サウス公園にやってきた. そこからみえる風景を写真にとっている.

DSCF1753_edited.jpg DSCF1755_edited.jpg

公園の中心にいくため,北にむかう. ちいさな赤い花がさいている. このあたりでは,よくみかける花だ.

DSCF1757_edited.jpg DSCF1760_edited.jpg

ようやく公園らしくなってきた.

DSCF1765_edited.jpg DSCF1766_edited.jpg

DSCF1771_edited.jpg DSCF1773_edited.jpg

DSCF1775_edited.jpg DSCF1781_edited.jpg

木のようなモニュメントのなかには,のぼれるようになっているものもあるが,のぼってみなかった.

DSCF1786_edited.jpg DSCF1785_edited.jpg

DSCF1796_edited.jpg DSCF1799_edited.jpg

自然のままなのか加工したのかわからないが,めずらいしい石がおかれている.

DSCF1792_edited.jpg DSCF1793_edited.jpg

マーライオンにすこし似たものが,いくつかある.

DSCF1794_edited.jpg DSCF1798_edited.jpg

中国庭園のなかと周辺には,かわったかたちの石 (彫刻?) がある.

DSCF1806_edited.jpg DSCF1803_edited.jpg

DSCF1804_edited.jpg DSCF1808_edited.jpg

DSCF1822_edited.jpg DSCF1824_edited.jpg

DSCF1827_edited.jpg DSCF1829_edited.jpg

中国庭園をかこむ壁のまるい穴をなかからみると,そとの景色がきりとられる. また,そとからみると,なかの景色がきりとられる.

DSCF1830_edited.jpg

インド庭園は中国庭園ほど印象的ではないが,インドの文化が紹介されている.

DSCF1832_edited.jpg DSCF1834_edited.jpg

DSCF1837_edited.jpg DSCF1840_edited.jpg

DSCF1842_edited.jpg DSCF1845_edited.jpg

伝統博物館 (?!) [Heritage ...] にもはいってはみなかったが,周辺の彫刻などをみてきた. 動物の像がならぶなかに,人間がとけこんでいる.

DSCF1860_edited.jpg DSCF1861_edited.jpg

木でつくられたモニュメントがいくつもある. この土地を開発したときにでてきた木だろうか?

DSCF1863_edited.jpg DSCF1871_edited.jpg

ベンチもさまざまな木でできている.

DSCF1867_edited.jpg DSCF1877_edited.jpg

DSCF1879_edited.jpg DSCF1883_edited.jpg

DSCF1886_edited.jpg DSCF1887_edited.jpg

公園の西側は,すぐそばに川がある.

DSCF1874_edited.jpg DSCF1876_edited.jpg

東のほうにいくと,急にふとさがかわる木 (?) があって,おもしろい.

DSCF1888_edited.jpg DSCF1889_edited.jpg

ここにも木のモニュメントがあるが,まわりに植物がついている.

DSCF1892_edited.jpg

池があり,ハスの花がさいている. 

DSCF1897_edited.jpg DSCF1895_edited.jpg

これで東北端にきたのだが,ここから北へはいけない. いきたいのは北なので,もう一度,西にもどることにした.

西北端ちかくには大温室があるのだが,この建物ははしらをつくらなくてすむように,外側に強力なはしらがあって,天井をつりあげている. (あとの写真は翌日とったもの)

DSCF1910_edited.jpg DSCF2060_edited.jpg

マリーナ・サウスの東のはしまでいってみたが,そこから北へはぬけられない. そのため,もう一度,西にむかった. そこには北につながる橋がある. 途中には,ふるい彫刻があった.

DSCF1912_edited.jpg DSCF1913_edited.jpg

DSCF1914_edited.jpg

最近は旅行や出張の際に写真をとりまくっている. この日はチャイナタウン周辺もあわせて 300 枚以上とった. デジカメなら,多数の写真をとってもコストはやすい. しかし,一番問題なのは電池がなくなることだ.

最初のうちは電池の残量をたしかめながらとっていたが,やがて確認するのをわすれて,気がつくと突如,電池がなくなっていた. 動作中に電池ぎれになると中途半端な状態になるから,そうならないように,電池がすくなくなると電源がはいらないようになっているらしい.

電池がなくなると,あるく気がうせてしまう. マーライオンのところまでいくつもりだったが,すでにみていることもあり,また学会の予定もあり,やめてホテルにもどることにした.

関連項目:

2013-1-8 追記: この項目の内容をふくむシンガポールの写真集を Kindle 本として出版しました (上巻, 下巻).

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/5987

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type