[ トップページ ]
知的生産とリテラシー:文書処理・Word

Macintosh で Web ドキュメントをつくるには…

Kindle 本の出版をかんがえているのだが,そのためにはいったん HTML で記述するのがよいようだ. 最近はふだんつかっているのが MacBook なので,そのうえでテキストを編集しようとした. ところが,いまこの MacBook にのっているアプリケーションのなかで,目的にあうものがなかなかみつけられない. しかたがないので,Windows 上で書こうとおもう.

Macintosh でも MS Word をつかえば,たぶん HTML に変換できるのだろう. しかし,最近の Macintosh でつかえる MS Word はもっていない. エディタはいろいろあるから,それをつかって Kindle 本の編集ができるのではないかとかんがえた.

とりあえずはテキストエディットをつかった. これで RTF 文書をあつかっているうちはよいが,写真をはりこむと RTFD という特殊な形式に変換されてしまう. これは Apple 独自フォーマットであり,HTML ファイルなどに変換するのは困難だ.

テキストエディットでは RTFD のかわりに WebArchive という形式をつかうこともできる. これは HTML をはじめとする Web のためのファイルをひとまとめにしたファイル形式だ. だから,容易にばらばらのファイルに変換できるものとおもっていた. 実際,そういう変換をするアプリケーションも WebArchive Extractor をはじめとしていくつかある. ところが,ためしてみたかぎりでは日本語文字は変換すると文字化けしてしまう. 文字コードとして UTF-8 をつかっているはずなのに,なぜ化けるのか,腑におちない. しかし,まともに変換できるアプリケーションがみあたらない.

RTFD 形式からテキストだけとりだすことはできるのだが,それをすると写真がはいっていた位置がわからなくなる. 結局,テキストと写真をわけて Windows にもっていって,MS Word をつかって HTML に変換するのが最善のようだ. Macintosh 用の Word があれば Windows にもっていく必要はないが,てまはあまりかわらないだろう. Macintosh はやはりやっかいだ.

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/5959

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type