[ トップページ ]
書評:メディア・アート・イベント・エンターテイメント, 書評:メディア・アート・イベント・エンターテイメント, メディア・アート・イベント・エンターテイメント:文学

グリム童話のさまざまな変種のなかからえらびだされたグロテスクなストーリー ― 桐生 操 著 「本当は恐ろしいグリム童話」

グリム童話にはいろいろな版がある. 著者はそのなかからもっともグロテスクな部分をえらびだす. グリムの時代から批判され集成された部分もあるが,当時は問題にされなかった部分もあるという. 読者は時代や文化のちがいを理解しつつ,好奇心を満足させることができるだろう.

評価: ★★★☆☆

関連リンク: 本当は恐ろしいグリム童話@Amazon.co.jp

注記: Amazon.co.jp書評 に投稿しています.

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/5935

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type