[ トップページ ]
書評

本を読んだ印象と書評の★数との不一致

読んだ本が価値あるものだとおもえば★を 4 つ以上つける. 逆に価値がないとおもえば 2 つ以下にする. それが基本だ. しかし,最初にかんがえた★数と,かきおわってからきめたそれとは,一致しないことがある.

書評を書いているうちに,その本のわるい点を強調してしまうことがある. 全体的な印象はそれほどわるくなくても (★ 3 個ぶんくらいでも),その書評に あうように★数をきめると 2 個になってしまうことがある.

こういうときは,2 個にするか,3 個にするか,まようことになる. その結果,結局は文章にあわせて★を 2 個にしてしまうことがおおい. 文章と★数に矛盾があると,あるいは文章をもとの★数にあうようにかえると, その文章がつたえるべきメッセージがつたわらなくなってしまうとかんがえるからだ.

書いているうちに最初の評価がかわることもあるが,上記のことは,それがかわっていないのに ★数だけ変更するということだ. こんなことをするのはおかしいのではないかともおもいつつ,今後もくりかえすことになるだろう.

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/5907

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type