[ トップページ ]
社会・経済:セールス・営業・マーケティング

むだに時間をくわれる,もったいぶった不動産セールス

あいかわらずマンション関連のセールス電話がおおい. なかには簡潔な電話もあり,まれにはみごとなセールストークをきくこともあるが,たいがいは 「いいかげんにしてくれ」 といいたくなるような内容だ.

要点を簡潔にしゃべれば 20 秒以内でおわるような内容に,1 分くらいもつかうような電話がおおい. いらないことばをかさねて,じらされる. マンション関連だということはだいたい最初の 10 秒以内にわかるし,売りたいのか買いたいのかもだいたいわかる. しかし,それをはっきり口にするまでに延々と時間を食う.

意図がつたわらないまましゃべっている時間はセールスマンにとってもむだなはずなのだが,わかるとはやくきられるから,こまるということかもしれない. はやくきられると,電話する相手がいなくなり,仕事がなくなってこまるのかもしれない. しかし,そんなひまつぶしにつきあわされるのは,かなわない.

あまりにそういう電話がおおいので,最近はさすがに電話にでたくなくなってきている. いい話にであうことはほとんどない.

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/5876

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type