[ トップページ ]
社会・経済:マネー・電子マネーと景気循環

なぜ不便な 1 万円札に人気があるのか?

最近,ATM で預金をひきだすとき,9000 円を指定することがおおい. ほんとうは 1 万円以上ほしいときでも,9000 円でがまんしてしまう. それは,1 万円札をさけたいからだ.

現金で 1 万円以上のかいものをすることはまずない. 1 万円札をもっていると,たいていは釣り銭をうけとることになる. 日本では店に釣り銭がないことはまれだが,それでも 1 万円をだして釣り銭をもらうよりは,1000 円札ではらいたい. 会社で集金されるようなときはとくにそうだ. 釣り銭を勘定するのはめんどうだ.

アメリカでは 100 ドル札もあるが,人気がない. ATM で 100 ドルをこえる金額を指定しても,20 ドル札ではらわれるのがふつうだ. そのほうがつかいやすいからだろう.

それにくらべると,日本では 2000 円札にはまったく人気がない. 私は 2000 円札をみたことがほとんどない. 1 万円ちかい金額だと,さすがに 1000 円札をかぞえるのがめんどうになってくる. 5000 円札というのもあるわけだが,ATM ではつかわれていない. というわけで,当分は 9000 円おろすことがつづきそうだ.

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/5853

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type