[ トップページ ]
インテリア・家具・機器の博物館:テレビ受像機・モニタ

こわれたテレビの一時しのぎに 30 年前の Sony のモニタをつかった

旅行からかえってみると,2008 年に買った W32L-HR8000 というテレビの電源がはいらなくなっていた. そこで 30 年前の Sony の 14 インチのモニタをつないでみると,問題なく再生できることがわかった. すでにつぎのテレビは発注したが,それがとどくまで,これでいくことにした.

TV-HR8000.jpgネットでしらべてみると,この種の故障に関しては無償修理できる可能性があるという. そこで修理屋をよんでみたが,修理には 25,000 円くらいかかるということだった. ハードディスクつきなので当時は 15 万円くらいもしたのだが,いまや同等の製品ははるかにやすくなっているから,25,000 円かけるよりは買いかえたほうがよい. というわけで,修理はしないことにした.

すでに 3 日以上テレビのない状態なのだが,これでさらにすくなくとも 2 日はテレビがないことになる. そこで,30 年くらいまえのトリニトロンのモニタをもちだしてきて,ハードディスク・レコーダにつないでみた. こわれている可能性もすくなくないとおもっていたが,つないでみると,問題なくうつることがわかった. 画面ははるかにちいさいが,これで 2 日間はしのぐことができる. ハードディスク・レコーダにたまったビデオもみることができる.

SonyMonitorLondonOlympic.jpg 最初は D 端子からつなごうとしたが,このディスプレイの RGB 入力端子は現在のものとはまったくちがっていて,つなぐことができなかった. やむなく,ピンプラグで接続した. これでも文字は十分よむことができる.

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/5754

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type