[ トップページ ]
生活:食品・料理と嗜好

レパートリーがひろがったペットボトルのお茶

日本茶や麦茶を 1 リットルのペットボトルにつめて会社などにもっていっていることはすでに書いた: 「自宅で 1 リットルのペットボトルにつめるお茶」, 「わかした麦茶をペットボトルで保存する」. 最近,これにプーアール茶とウーロン茶がくわわった.

日本茶もウーロン茶もコンビニの定番だ. しかし,その味はかならずしも私が希望しているものではない. 家でつくれば自分のすきなようになる. (ただし,かならずしもコンビニのよりおいしいとはいえないが…)

プーアール茶はコンビニでは売っていない. これは家でいれるお茶ならではだ. 中国茶をいれる秘訣は洗茶をすることであるようだ. 最初にお茶にそそいだ湯はすてる. ただし,洗茶の方法はもうすこしくふうする必要があるだろう. 方法については,もうすこしたってから書くことにする. 洗茶ででたお茶を飲んでみれば,洗茶の効果もわかる. このお茶だけをのむと,まずくてのめない. ただし,捨てるか,捨てずにまぜて飲むかは趣味の問題だ. すくなくとも,洗茶をやりすぎるとお茶の味がうすく (マイルドすぎる味に) なってしまう.

ウーロン茶に関しては,コンビニで売っているものは苦みがつよすぎるようにおもえる. 家でもうすこしマイルドなウーロン茶をいれることができる. まだ 1 回しかためしていないが,比較的やすい鉄観音茶をつかって,わるくない味にしあがった. ポイントはやはり洗茶することだろう. これで苦みをおさえることができる.

とはいえ,まだなれていないので,しばしば洗茶をわすれて,雑味のおおいお茶をいれてしまう. しかし,それも一興だろう.

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/5702

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type