[ トップページ ]
社会・経済:社会保険・高齢者対策・福祉サービス

選択可能な高価なくすりは保険負担をへらせ

保険診療におけるくすりの値段は先発医薬品とジェネリック医薬品とでちがっているが,患者の負担率は一定だ. 3 割負担のひとはどちらについても 3 割,負担する. しかし,健康保険の維持がむずかしくなっている現状では,必要以上に健康保険の負担をふやすくすりに対しては自己負担率をあげるべきではないだろうか?

ジェネリック医薬品が先発医薬品とおなじ機能をもつなら,健康保険においてはそれを優先するべきだろう. 先発医薬品を選択する自由もあるべきだとおもうが,そのばあいにはよりおおくの負担をもとめるのが妥当だろう. まもるべきなのは先発医薬品メーカーではなくて,健康保険制度である.

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/5695

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type