[ トップページ ]
インターフェース・デザイン・アメニティ

マルチタッチ・インタフェースでは複数のゆびをのせたとき反応するべきだ

マルチタッチのインタフェースでは,ゆびを複数本トラックパッドや画面にのせたとたんにモードがかわる. ところが,その変化が表示に反映されない. これはこのインタフェースの未熟さをあらわしているのではないだろうか.

Macintosh でも iPad や iPhone でも,ゆびを複数本のせると動作がかわる. 1 本だけのときはカーソルの位置がかわるだけだ (iPad や iPhone ではカーソルは表示されていないので,とくになにも変化がない). しかし,2 本になると,ゆびをうごかしたときの動作がかわる. Adobe Reader などでいえば 「手のひら」 モードにちかくなる. Adobe Reader のばあいはメニューをつかってモードをきりかえる必要があるが,きりかえるとカーソルが手のひらのかたちになる.

モードがかわったなら,表示がかわるべきだ. iPad, iPhone のばあいはモードをしめすものがなにもないのでむずかしいが,Macintosh のばあいはカーソルが表示されているので,そのかたちをかえて,モードがかわったことを表現するべきだろう. 現在はそれがないので,実際にゆびをうごかしてみるまでモードの変化がわかりにくい. iPad, iPhone についても,なにかモードを表示するものがあるべきだとおもう.

マルチタッチ・インタフェースでは 2 本ゆびでできることはスクロールだけでなく,拡大などのジェスチャー操作も可能だ. だから,表示するべきカーソルは単純な手のひらではなくて,ほかの操作の可能性もあわせて表現するべきだろう. もっとも,できることをすべて表現しようとすると,かえってわからなくなる可能性がある. できる操作の表現とわかりやすさとのバランスをとる必要があるだろう.

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/5293

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type