[ トップページ ]
書評:Web とインターネット, Web とインターネット:プロトコルとネットワーク

プロトコルの設計や仕様記述に特徴があるが,教科書としてはつかいにくそう… ― 白鳥 則郎, 高橋 薫 著 「コンピュータネットワーク入門」

うすい教科書でありながらプロトコルの設計や仕様記述の方法をあつかっているところに特徴がある. しかし,第 1 章ではコンピュータ・ネットワークを分散システムとしてだけとらえていて通信という観点がぬけていること,第 2 章に突然,推論や問題解決の方法がとりあげられていること,アプリケーション指向の本ではないにもかかわらずインターネットのまえにセキュリティが論じられていることなど,疑問の点がおおい. 教科書としてはつかいにくいのではないかとおもわれる.

評価: ★★☆☆☆

関連リンク: コンピュータネットワーク入門@ [bk1] コンピュータネットワーク入門@Amazon.co.jpコンピュータネットワーク入門@GoogleBooks

注記: BK1書評Amazon.co.jp書評Google Books書評 に投稿しています.

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/5228

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type