[ トップページ ]
書評:Web とインターネット, Web とインターネット:プロトコルとネットワーク

ちょっとふるいが,他の本にないことをおもいださせてくれる ― ダグラス・E. カマー 著 「コンピュータネットワークとインターネット ― 基礎から応用までの技術入門」

日本では教科書としてつかいにくい厚さと値段のためか,1998 年に出版されて以来,再版されずにいるようだ. そのため内容はいささかふるくて,ほかの本ではあまりとりあげられていない RS-232C やアナログ通信も 1 章をあたえられている.

LAN のトポロジーも最近ではスター型全盛なので他の形態はあまりとりあげられないが,この本では他のいろいろなかたちが論じられていて,なつかしい. 一般論としては,あってしかるべきだろう.

意外なのは ARP に 1 章がさかれていることだ. それほど重要なプロトコルともおもえないのだが…

アプリケーションにかなり重点があり,クライアント-サーバ モデルから論じられている. 個々のプロトコルを論じるよりは,こういう原理のほうが重要だとはおもうが,いまではデータベースなどを論じるときにも必須だから,かならずしもネットワークの本で論じなくてもよいのだろう.

評価: ★★★☆☆

関連リンク: コンピュータネットワークとインターネット@ [bk1] コンピュータネットワークとインターネット@Amazon.co.jpコンピュータネットワークとインターネット@GoogleBooks

注記: BK1書評Amazon.co.jp書評Google Books書評 に投稿しています.

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/5249

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type