[ トップページ ]
社会・経済:災害・地震, 書評:社会・経済

貴重な記録としての災害エスノグラフィー,のちの震災にやくだてることができるか? ― 林 春男, 田中 聡, 重川 希志依, NHK「阪神淡路大震災秘められた決断」制作班 著 「防災の決め手 「災害エスノグラフィー」 ― 阪神・淡路大震災秘められた証言」

阪神淡路大震災時には膨大なエスノグラフィーつまり被災者からききだされた話の記録がのこされていた. そのなかには,消火と人命救助のどちらを選択するかで苦悩した消防士や,避難所で奪いあいを目撃したり不当な要求をするひとをおいかけまわした話など,これまであまりきいたことがなかった話がいろいろふくまれている. 東日本大震災でも,おそらくまだきいたことがない話がエスノグラフィーとしてのこされることになるのだろう. それにしても,ともに大震災とはいっても被害の内容がおおきくことなる東日本大震災で,この阪神のエスノグラフィーをやくだてることはできたのだろうか.

評価: ★★★★☆

関連リンク: 災害エスノグラフィー@ [bk1] 災害エスノグラフィー@Amazon.co.jp

注記: BK1書評Amazon.co.jp書評 に投稿しています.

キーワード: エスノグラフィー, エスノメソドロジー, エスノ, フィールドワーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/5145

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type