[ トップページ ]
社会・経済:災害・地震, 書評:社会・経済

津波被害の記録としては,いまいち ― 産経新聞社 著, 「闘う日本 ― 東日本大震災1カ月の全記録」

最近発行された写真集に共通することだが,この震災では被害のほとんどが津波に起因するものだったにもかかわらず,震災直後にテレビなどでさんざんみせられた津波がまちをおそう場面の写真はすくない. 名取市の防砂林をこえる津波の写真くらいだ. 津波被害の記録としては,もうすこし津波そのものの写真が必要だろう.

物より人をうつした写真がおおいことも各社共通している. 被災者を記録するのはもちろん重要なことだし,被災者や日本人みんなを勇気づけるのはよいことだ. しかし,ひとに焦点をあてたためか,近視眼的な写真がおおくなっている. 児童と教師のおおくがうしなわれた石巻市立大川小学校がとりあげられているが,どういう場所でなにがおこったのか,校庭のようすがわかる写真もなければ十分な説明もない.

ほかの本にはみられない菅総理の 1 ヶ月間の全行動が 4 ページにわたって書かれているが,最後にあるのは 「首相執務室は開かずの間」 と題された菅たたきの文章だ. いかにも産経らしいが,それがいいたくて全行動をのせたのだとしたら,紙のむだだろう.

評価: ★★☆☆☆

関連リンク: 闘う日本@ [bk1]闘う日本@Amazon.co.jp

注記: BK1書評Amazon.co.jp書評 に投稿しています.

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/5007

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type