[ トップページ ]
書評:社会・経済

入門書として適切 ― 箕浦 康子 編著, 「フィールドワークの技法と実際 ― マイクロ・エスノグラフィー入門」

最初の 5 つ (または 6 つ) の章はフィールドワークの技法を説明しているが,後半の 7 つの章はそれをまなんだ学生によるマイクロ・エスノグラフィー,つまりフィールドワークの結果をまとめたものだ.

学生が書いたものなので,かならずしも洗練されているとはいえないが,フィールドワークのなかでの経験がにじみでている. おもしろいのは,最後の論文だ. そこでは M 教授のゼミそのものがフィールドワークの題材になっている.

ここに書かれた技法がいつもうまくつかえるわけではないだろうが,出発点としてはよいだろう.

評価: ★★★☆☆

関連リンク: フィールドワークの技法と実際@ [bk1]フィールドワークの技法と実際@Amazon.co.jp

注記: BK1書評Amazon.co.jp書評 に投稿しています.

キーワード: エスノグラフィー, エスノメソドロジー, エスノ, フィールドワーク

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/4954

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type