[ トップページ ]
地理・地域:中国, 観光・旅行・出張:海外旅行・出張

中国/上海固有のものをみてこそ,来たかいがある

4 泊 5 日の予定で上海にきている. 上海にはほかのまちにはない歴史がある. しかし,いろいろな面で,それは希薄になってしまったようだ. あたらしいものはいろいろあるが,大半は欧米からきたものだ. 南京路のあたりをふつうにあるいていても,おもしろいものはそれほど,みつけられなかった.

朝,ホテルのあたり (静安寺の西) をあるくと,パイやおこのみやきのようなものを焼いているところはあるが,粥のような朝らしいものはみあたらないし,あいているレストランにはいるひともすくない. むしろ,めだつのはパン屋だ. 朝,やきたてのパンを売っているのだとすると,それはそれできっとおいしいのだろう. しかし,上海ならでは,あるいは中国ならではのものだとはおもえない.

ShanhaiYuYaan.jpg だが,豫園 (ユエン,よえん,写真参照) のあたりには中国らしいものがおおくのこっている. さまざまな工芸品,漢方薬の高価な材料,干しナマコなどの高級食材. 高級な材料は金色の箱にいれられている. 高価なものと,一般の観光客向けの安価なものが比較的せまい空間のなかに同居している.

ここに来るのははじめてだが,ほんとうはもっとはやくきたかった. そのほうがここに固有のものをもっとおおく目にすることができたとおもうからだ. 上海万博 (こちらでは世博という) 以前にうしなわれたものもおおいだろうが,それによってさらに,ふるいものはうしなわれてしまった. 万博の記念品を売るみせはすくなくないが,その商品をみても,やはりあまりおもしろいという気はしない. 記念品というものは,なんの記念品であるかによらず,似たりよったりのものがおおいからだ.

やはり,日本にあるのとあまり差がないものをみても,費用をかけて旅行したかいがあるとはおもえない. 日本ではほとんどないものをみてこそ,来たかいがあるというものだ.

関連項目:

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/4937

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type