[ トップページ ]
インテリア・家具・機器の博物館:テレビ受像機・モニタ, メディア・アート・イベント・エンターテイメント:ビデオ・映画・テレビ

自宅のテレビの故障と液晶の無償交換

海外出張にいっているあいだに自宅の 32 インチのテレビにたてじまがでるようになった. 2008 年に買ったものだが,しらべたところ,その年のうちにリコールがかかっていたことがわかった. そういうわけで,液晶パネルは無償交換してもらって,故障はもちろんなおり,画面はまえよりあかるくなった. これで,故障しなかったばあいとくらべても,寿命がのびたのだろう.

TV-HR8000.jpg 問題のテレビは日立の W32L-HR8000 だ. おなじ液晶パネルをつかっている日立の他の機種や Panasonic のテレビとともに,リコールがかかっていることがわかった. しかし,いままでそのことを知らなかったし,液晶に関しては問題もおこっていなかった.

このテレビにはハイビジョンのハードディスク・レコーダがついているが,このレコーダが録画中にとまったり,画質がみだれたりする問題はおこっていた. しかし,これはディスクを初期化することで解決された (ディスクの初期化は初期化メニューのなかにある).

いまや 32 インチではちいさいという気がするし,フルハイビジョンではない (32 インチだとフルハイビジョンにしてもあまり効果がない). しかし,液晶パネルの交換でリフレッシュされた. バックライトがあかるくなったし,色もあざやかになったようにおもう. これで当分はこのテレビをつかうことになるだろう.

キーワード:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanadas.com/mt/mt-tb.cgi/4849

コメントを投稿

Google でブログを検索:

メインページアーカイブページも見てください.
Creative Commons License
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type